日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

文京区の待機児ゼロに! 新年度も極めて深刻

b0207693_17370359.png
平成30年度当初の認可保育園の入園状況が分かりました。
国の定義によると待機児は101人と言うことですが、認可保育園に申し込んだのに入れない子どもの数は717人!
極めて深刻です。児童福祉法24条では自治体に「保育の実施責任」があると明確です。
私たちは区立も含めて認可保育園増設を一貫して求めています。
717人と101人の差は616人です。ここの子ども達の状況は内訳に示した通りです。
求職活動を休止していたり、育休中で勤務復帰の意思が明確に確認できない場合は、「待機児」の数に入れないというのは国の基準だそうです。
1次希望のみ申込みの方とあわせて、371人は認可保育園に申し込んだのに、何らの保育も受けていないのです。
児童福祉法の立場から見て、まさに自治体が保育の実施責任を果たしていないということになります。

文京区には679億円もの貯めこみ金(基金)があります。財源は潤沢で、区立含めた認可保育園の増設を引き続き求めてゆきます。
また、茗荷谷駅のすぐ隣の、元都営バス車庫跡地は保育含めた福祉ニーズのために活用すべきです。このこともあわせて提案し、待機児解消を求めてゆきます。

[PR]
by terukaneko | 2018-05-21 17:50
<< 週刊ニュース「こんにちは 金子... 衆院選開票会場の区立総合体育館... >>



日本共産党 文京区議会議員 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と9歳の娘、4歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧