日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

メトロ千代田線でホームドア設置工事が進んでいます

こんにちは 金子てるよしです No.408 2018.12.16 より

メトロ千代田線で設置工事が進んでいます~千駄木・根津・湯島駅のホームドア使用開始へ


 日本共産党区議団は住民と共に1987年12月に「列車風」改善を営団(当時)に申し入れて以来、バリアフリー化を繰り返し要求し、根津・千駄木駅にエレベーターが実現した後も、金子区議は2016年8月に銀座線での転落事故発生を受け、直ちに区内で唯一ホームドアがない千代田線にホームドア設置をメトロに申し入れ、同年9月の本会議でメトロの「2020年度完成」とするホームドア設置計画(当時)を前倒しするよう要求しました。その結果、湯島駅は2019年1月中旬に、千駄木駅は2019年3月中に、根津駅は2020年3月中にホームドアが使用開始されることが分かりました。
(写真)湯島駅で来年1月から稼働するホームドアを確認する金子区議1210日撮影。














根津・千駄木駅・本駒込駅、白山駅にエレベータ2基目設置を~根津・千駄木駅の「列車風」解消も
 日本共産党区議団は11月議会の本会議での国府田区議の質問の中で、区内全地下鉄駅でエレベーター2基目設置を求め、区が役割を果たすよう提起し、区長からは地下鉄事業者に対し「働きかけてまいります」との答弁を引き出しています。メトロも1駅2ルートの「バリアフリー化=エレベータ設置」方針を持っており、各駅について私たちは実現へ引き続き全力で頑張っていきます。


聴覚障害者協会・手話会が障害福祉課と協議~区議会から3会派8人が傍聴
 文京区聴覚障害者協会と手話会は手話通訳派遣日数の拡大や手話通訳者の健康診断実施、聴覚障害者のグループホーム開設等の要望について区との協議を11日に開催しました。協会側から区議会各会派へ傍聴の呼びかけがあり党区議団から島元・萬立・関川各区議が参加し、計8人の区議が傍聴しました。

 現在、手話通訳派遣には上限(4回と実施要綱に明記)があり、障害者基本法のいう社会的障壁に当たり、障害者差別禁止法の障害による差別にも当たるとの指摘がされています。8月に区は「利用制限しておらず…平均17回」利用の事例もあるとし、党区議団は6月の本会議で「月4回の上限撤回」と「手話通訳の必要な回数の派遣」を求めています。協議の席上、上限が明文化された当時は区内には手話通訳が2名だったが今は29名で上限をなくすことは可能との指摘があった他、様々な課題について区の検討が進んでいない実態もあることが浮き彫りになる一方、グループホームの要望については区側が既に検討するとしておりその進展についても話題になりました。

党区議団は引き続き、障害に応じた「合理的配慮」が進むよう区の事業の点検・改善を当事者の皆さんの声をもとに進めていきたいと思います。



◎ご相談は区議団控室へ文京区春日1-16-21文京区役所内 電話5803-1317 Fax3811-3197
 根津事務所根津1-19-14ロウ盛ビル 電話3828-8830ファックス3823-1663 向丘事務所向丘1-16-18-101



[PR]
# by terukaneko | 2018-12-14 12:51

根津千駄木の中学校に特別支援学級開設「見送り」方針撤回し、平成31年度に開設を

週刊ニュース「こんにちは 金子てるよしです」 No.407 2018.12.9 より


 根津千駄木地域の中学校に特別支援学級の開設を求め、平成28年度に請願が採択され、町会・PTAからも要望が上がる中、区が平成31年度開設を見送る方針を示している問題について金子区議は1128日の文教委員会で特別支援教育の現状明らかにし、来年度開設を強く求めました。


この間の当事者の要望を受け区側は平成32年度からの開設を検討する体制を取ったものの、来年度の開設は見送る構えです。金子区議は1129日の文教委員会で①当事者が開設を粘り強く求め、請願採択通じて区は2か年度前からその事を知っている②開設見送りという区の不作為が障害差別禁止の法理に抵触しないか三度にわたり質したが「抵触しない」と明言出来ない③区は中学校の特別支援学級の生徒が増えていないというが、特別支援教育を必要とする児童生徒が入学前に区窓口で受ける就学相談の実績(29年度)は小学校で80人、中学は22人と落差があり、中学の特別支援入学希望数の検証が必要④都立の特別支援学校の教員は減らされ国基準の定数より309人も不足し、文京区の児童が進学する北特別支援学校は18人削減されており、当事者が特別支援学校への進学を逡巡する客観的根拠となる(2018年3月の都議会予算委員会で里吉ゆみ都議の質問)⑤1976年の旭川学力テスト最高裁判決が憲法上の子どもの学習権を正面から認めていることからみて、今回のケースでは文京区が特別支援学級を来年度に開設して学習権を保障する責務が明確にある等、点に渡り指摘しました。その上で金子区議は来年度開設に方針転換し、文京区は年度末まで学校設置者として努力するよう強く要求しました。


専門家から文京区の責務問う声も

 「東京新聞」は12/5付で千駄木地域の当事者3名の声を紹介し大きく取り上げました。この中で三重大の栗田季佳准教授は「要望がありながら開設しないケースは保護者や本人の意向を最大限尊重する障害者基本法の原則に従うと、支援級の設置を検討する責務を果たしていない可能性もある」と指摘しました。

区議会で障害者差別禁止法違反を明確に否定できないこととあわせ、来年度開設こそが学校・特別支援学級の設置者としての文京区の役割であることが改めて浮き彫りになっています。

「東京」紙上ではダウン症、身体障害がある汐見小の6年生が「友達がいる中学校へ行きたい」と発言しています。この当事者の声に向き合い2年度連続の「見送り」方針は区撤回するべきです。党区議団は全力で頑張ります。

◎ご相談は区議団控室へ文京区春日1-16-21文京区役所内 電話5803-1317 Fax3811-3197
 根津事務所根津1-19-14ロウ盛ビル 電話3828-8830ファックス3823-1663 向丘事務所向丘1-16-18-101





[PR]
# by terukaneko | 2018-12-07 11:16

小中学校エアコン 体育館に適した空調システムに交換を

週刊ニュース「こんにちは 金子てるよしです」 No.406 2018.12.2 より

吹き出し口の風速は通常エアコンの16倍

文京区の小中学校の全体育館にはエアコンが導入されていますが、式典やバドミントン・卓球・バレーボールなど強い風が影響するスポーツでは使えない機器であり、党区議団は22日の本会議で、人が活動する体育館に適した空調システムに交換するよう求めました。

「バズーカ級の爽快爆風が作業服の中を駆け抜ける…」

 これは区が採用し現在、体育館に設置されているエアコンのキャッチフレーズです。元々、農業ビニールハウスや物流倉庫用に開発された機器で吹き出し口では風速は秒速8mに達します。海上では白波がたくさんあらわれ、しぶきを生じることもある風速です。日本初の大空間でのエアコン設置事例とされる旧蔵前国技館の空調工事に携わったゼネコン関係者は「普通のエアコンは吹き出し口で風速0.50.6m程度」と言います。区側は「調査・比較検討」するといいますが、他区の事例も踏まえ、早く体育館に適した最善の機器に交換を決断すべきです。

1月からの「大河ドラマいだてん」 
NHKと“タイアップ”企画の業務委託の入札は99.89%で凸版が落札


 来年のNHK大河ドラマ「いだてん」が日本初のオリンピック選手(マラソン)で茗荷谷にあった東京高等師範の学生だった金栗四三を描くことから区は3千万の補正予算を組み「いだてんプロジェクト」を進めています。この内3月末に区役所1階で実施する「いだてん×ぶんきょう展」の業務委託の入札が10月に行われ、凸版印刷が落札した指名競争入札で7社中6社が「辞退」していたことが27日の地域振興特別委員会で分かりました。金子区議は入札で唯一の札を入れた凸版は、予定価格の99.89=1084万円で落札したが、発注内容を示す「仕様書」では「画像解像度が4K以上」の「VR動画」を求めており、これは凸版が1997年以来、番組制作も通じてNHKと共同開発してきた経過があると指摘。辞退した6社は価格競争に参加する条件を持っていたのかと質しました。区側は凸版が高いノウハウを持つことを認めましたが6社辞退の経緯や落札価格の妥当性については踏み込みませんでした。こうした経過が公になった以上VR技術トップの凸版ありきの入札ではないという区側の説明が求められます。また、NHK番組と自治体のタイアップの手法も問われています。(VR…バーチャルリアリティーと言われる立体映像の技術)

◎ご相談は区議団控室へ文京区春日1-16-21文京区役所内 電話5803-1317 Fax3811-3197
 根津事務所根津1-19-14ロウ盛ビル 電話3828-8830ファックス3823-1663 向丘事務所向丘1-16-18-101










[PR]
# by terukaneko | 2018-12-07 11:10

誠之小改築着工 「1者入札」経て総工費は72億円で契約

こんにちは 金子てるよしです No.405 2018.11.25 より


体育館・図書室・理科室等は地域開放型に
 ~幅140mの擁壁も全面改築で安全対策が前進


議会初日の15日、誠之小改築関連の契約案件4本が文教委員会に付託され党区議団から金子、島元委員が審議にあたりました。

冒頭、誠之小の72億円の契約は、六中の36億円と比べ「あまりに高すぎる」と指摘し原因を問うと、区側はオリンピックによるコストアップや工事車両の搬入路が狭く施工難易度が高い費用が掛かると説明。また、工事費の内14億円は西側の急傾斜地崩壊危険箇所にも指定されている140mの擁壁の工事費用であり、擁壁の安全対策が完了することが確認できました。

一方、建築業者の入札は当初、4月に予定したものの落札者が決定したのは10月末でした。入札が遅れたのは大手ゼネコンのリニア新幹線建設で「談合」が発覚し、その余波で誠之小の入札参加に「手挙げ」していたゼ

ネコン(フジタ)が急きょ辞退し、10月の入札に参加したのは1者(日本建設・アサヒ・リンドスの3つの会社からなるJV)だけでした。「1者入札」で適正な選定・競争と言えるのか質すと、区は2社以上の入札が原則だが、今回の「1者入札」はあくまで例外だったとし、適正さも確保されていたと答弁しました。

これらの実態を明らかにし、2社以上の入札が原則だと指摘して党区議団は賛成の態度表明を行いました。


また、委員会の席上、新校舎が地域開放型の活用が可能になるよう特別教室や体育館の動線が独立しており、今後の学校改築では、開放型・バリアフリー化を進めるようあわせて求め提案しました。仮校舎での学校活動には様々な課題・困難が生じていることでしょう。安全第一で工事が速やかに進むよう見守りたいものです。
(平成3411月竣工見込み)








  








  


(
写真上)誠之小西側の擁壁。140mに渡り一新される。(写真下)誠之小の建築工事の入札結果調書。入札参加1者のみで予定価格オーバーだった為、予定価格内に収める交渉を行い随意契約で落札したと書いてある。これはネットで公開されています。







[PR]
# by terukaneko | 2018-11-21 13:43

学校の安全対策 ブロック塀・万年塀の総延長は3000m 対策徹底を

こんにちは金子てるよしですNo.404 2018.11.18

より

学校の安全対策 ブロック塀・万年塀の総延長は3000mも
緊急撤去が文林中・根津小で完了

大阪北部地震をうけ改修対象になっていた根津小プールの万年塀や文林中のブロック塀が撤去されました。根津小では通称おばけ階段に面した万年塀が撤去され応急の塀が設置されました。通路もひびが多数ですが、急な階段で狭い箇所のため工事方法を検討し、来年度に更に工事が行われる予定です。

学校施設の外構部分のブロック塀は全部で3000mあり、今後、撤去される方向で検討が進められています。

()文林中プール横の区所有の通路沿いの塀が撤去 ()食い込んだ樹木と共に万年塀が撤去された根津小







庭木の手入れ・剪定できた

「木が大きく伸びて困る」との相談が金子区議に相次いで寄せられました。区は、住民票の登録がない「空き家」は住環境課が土地・建物の所有者を調査・連絡し、庭木の整備を行うよう所有者に啓発できます。しかし、住民登録があるものの長期に不在にしている等の場合、住環境課は動けません。そこで、庭木が道路上に大きくはみ出ているなど「道路管理上の課題あり」と土木部管理課へ相談し、管理課も同様の認識を共有しうるなら土木管理課が啓発に乗り出す場合があります。老朽家屋では建築指導課が相談に乗るケースもあり得ます。

 千駄木のAさん隣の住宅は、住民登録がない「空き家」で、住環境課が啓発し、所有者によって整備が行われました。向丘のBさん宅の場合、最終的に土木管理課が剪定業者を2社案内し、樹木の剪定に結びついています。

 住環境課 ℡5803-1374 土木管理課  ℡5803-1241

11月区議会 党区議団の本会議質問項目 
区民の皆さんの声をもとに6名の区議団で作成し、区長へ提出した質問項目は以下の通りです。区議会は誰でも傍聴できます。また文京CATVでの放送もあります。区議会ホームページでは動画を視聴できます。


◎板倉美千代区議の質問  11/20()3時頃
1.安倍改憲への区長の認識・見解
2.679億円の基金は区民のくらし活用を

3.区立保育園増設で待機児解消を

4.都バス車庫跡地の保育園に園庭を

5.都バス車庫跡地活用では周辺環境に配慮を

6.離職者続く図書館や戸籍の民間委託やめ直営に

7.本社経費を公開し指定管理者委託見直しを
8.災害被害予防第一に~区の備蓄食料3日分に
9.2階以上にある学校体育館にエレベーター設置を

10.全道停電の教訓から避難所に太陽光発電を


◎国府田久美子区議質問 11/22()2時半頃

1.23区最高の区立幼稚園・育成室保育料は元に戻せ

2.消費増税なくても保育の無償化を国に求めよ

3.保育の質向上へ全保育施設の立入検査を直ちに

4.特養ホームの待機者なくす増設計画に

5.高すぎる国保料引下げへ区は力を尽くせ

6.貧困対策の要である生活保護費引下げはやめよ

7.浴場対策を強化し区の責任で公衆浴場守ろう

8.小中学校の特別教室改修と体育館エアコン改善を

9.学校給食は無償化を・八中に特別支援学級を

10.店舗改修助成・B-ぐる拡充・自転車レーン安全に










[PR]
# by terukaneko | 2018-11-16 14:22



日本共産党 文京区議会議員 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と9歳の娘、4歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
検索
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク
ブログジャンル