日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

経済的格差の連鎖で子どもの未来を奪ってはならない

都内では新宿・足立・墨田・豊島等が子どもの貧困の実態調査を行い分析が進んでいる中、党区議団はこの間、実態調査を求め議会で論戦してきました。 

内閣府も「支援のニーズ」を把握するために詳細な内容の調査項目をあげています。

6月議会の党区議団の質問に対して区の「関係部署の行政情報を活用した実態把握を行っていく」との答弁を受け、今議会で、国府田久美子区議は文京区の貧困状態にある子どもの数を質問し、次の答弁を得ました。

▼生活保護世帯( 111人)
▼就学援助世帯(1031人)
▼ひとり親世帯( 860人)
▼児童虐待で対応した子ども(505人)
▼朝食を毎日食べている子どもの割合(小学6年で90.1%、中学3年で80.6%)


貧困の実態が初めて数として示され、経済的貧困と格差の一端が明らかになりました。
自治体は「福祉の増進」が役割です。こうした実態の把握を通じて、支援策を急いで具体化することが求められています。


[PR]
# by terukaneko | 2016-12-01 15:12 | Comments(0)

就学援助「新入学用品費」は入学式より前に支給を! 区が「検討」を表明

 党区議団は国府田区議が11月25日に本会議で質問し、経済的に苦しい家庭の小中学生の学用品等を補助する「就学援助」のうち新入学用品費の支給時期の前倒しを求めました。

 就学援助は教育の機会均等を定める憲法26条を具体化する制度で生活保護世帯の子どもと生活保護と次いで困窮する世帯の子ども約1千人が利用しています。12ある援助費目のうち小1と中1生が使う「新入学用品費」は現在6~7月に支給されており、ランドセルや制服の購入し入学を実際に準備する時期に間に合っていません。


★9月議会と11月議会で粘り強く論戦 区の態度に変化

 9月議会では党区議団の本会議質問で「3月までに支給を」と前倒し支給を求め、文教委員会で福手ゆう子区議が、決算委員会で金子区議が、文科省の「児童が援助を必要とする時期に速やかに支給することができるよう十分配慮する」よう通知し、板橋や八王子では3月支給している事実を示し、区の「前年所得が確定してから」(所得確定は6月頃)支給決定するので「前倒し」は「困難」との主張は成り立たず、経済的困難を抱える子どもの実態に立って「前倒し」支給するよう繰り返し求めていました。 
 11月議会で国府田区議の質問に区長は「支給時期につきましては文科省通知や他区の状況を踏まえ」検討していることを明らかにしました。党区議団は更に平成29年度の新入生から「前倒し」支給されるよう求めていきます。


[PR]
# by terukaneko | 2016-12-01 15:01 | Comments(0)

福手ゆう子都議予定候補・区議とともに、羽田空港増便問題で国交省に要請書を提出 

 日本共産党の東京都議団と各区の区議団として本日、「羽田空港離発着機の都心低空飛行中止を求める要請書」を提出しました。要請書提出はこの問題の中止を求める各区の住民の皆さんとともに行いました。党文京区議団からは福手ゆう子区議・都議予定候補と私が参加しました。
 910万の23区の住民のみならず、働く人、観光客など、全てに影響のある問題です。国交省にきちんと説明させ、中止させるよう引き続き頑張ります。

 要望項目は3つです。
 1 「羽田空港機能強化」計画は中止し、来年度予算要求は行わないようにすること。
 2 自治体が「理解(了解)」などとする発言は撤回し、改めること。
 3 オープンハウス型の「説明会」や一方的な「情報提供」ではなく、公聴会や住民との協議の場を設けること。
   説明会は教室型で行うこと。その際、
       ①区報や広報で全戸配布、マスコミなどで宣伝など周知に努めること。
       ②参加者に見合う広さの会場を用意すること。
       ③民主的な運営につとめること。

 山添拓参院議員は11/24(木) 午前11時5分~20分に国土交通委員会でこの問題について質問します。山添事務所では傍聴を呼びかけています。(申し込みは国会議員団東京事務所03-5304-5639へ)なお、ネットでも視聴できます。
b0207693_13025444.jpg

(写真)左から谷川智行衆院東京比例予定候補、福手ゆう子都議予定候補・区議(文京区)
星見てい子都議予定候補・区議(目黒区)、藤田りょうこ都議予定候補(大田区)、山添拓参院議員、白石たみお都議(品川区選出)


[PR]
# by terukaneko | 2016-11-22 13:27 | Comments(0)

11月区議会がもうすぐはじまります!

11月議会 党区議団7名で願い実現に全力でがんばっています!

★党区議団の本会議での質問項目を紹介します。

11/22() 2時半 島元雅夫区議

◎南スーダン自衛隊派遣・TPPの安倍暴走を許すな 

◎都バス跡地活用へ区民合意の目標掲げ都協議を

◎跡地活用の財政支援スキーム構築を都に求めよ

◎園庭・保育士処遇改善で保育の質の確保を

◎待機児ゼロへ区立園等、認可保育園の抜本増設を

◎次期基本構想実施3か年計画の財政見通し

◎公的住宅建設など、くらし応援の重点施策を

◎指定管理制度や業務委託の検証と見直しを

◎総合体育館のカビ・サビ完全除去と清潔なプールを

◎教育の森につながる占春園のたたずまいについて

11/25() 2時 こうだ久美子区議

◎子どもの貧困対策と文京の状況について 

◎子どもの貧困の実態調査、教育支援、食の保障を

◎青少年プラザ(b-lab)の利用料は無料に

◎Bーぐる新路線、買い物、病院めぐるルート検討を

◎介護度1、2の軽度者の保険給付はずしについて

◎医療負担増と給付削減、年金カットの社会保障改悪

◎春日・後楽園駅前再開発への273億円の税金投入◎再開発事業の工事落札率について

◎再開発での公益施設と納得できる工事説明会を

★特別委員会・常任委員会と区議団の担当

災害対策 11/28()福手ゆう子、関川けさ子

自治制度 11/28()島元雅夫、金子輝慶

子ども子育て11/29()萬立、板倉、金子

地域振興 11/29()関川けさ子 こうだ久美子

厚生委員会12/ 1()板倉美千代 島元雅夫

文教委員会12/ 2()福手ゆう子 こうだ久美子

建設委員会12/ 5() 金子輝慶

総務委員会12/ 6() 萬立幹夫 関川けさ子

※傍聴は区役所23階で名前と住所を書くだけです。入退場も自由です。


[PR]
# by terukaneko | 2016-11-18 19:23 | Comments(0)

小竹都議から福手ゆう子都議予定候補へバトンタッチ目指して 始動!

 来年6月の都議選に向け、記者会見の翌日、早速、小竹都議と後援会員の方など訪問して都政・区政のご報告をしました。会えたところでは「しんぶん赤旗」の購読も約束をしてもらうこともできました。
 今回、勇退する小竹都議は、豊洲問題やオリンピック施設の問題で議会審議を控えており、時間を見ては書類に眼を通しながら大忙しの1日でした。今日訪問した地域は小竹さんが区議時代、相談活動などでゆかりの深い地域でした。小竹さんが故川越すずの区議の後継者として区政に挑戦した時代のことなど話に花が咲きます。
 バトンタッチに挑戦する福手ゆう子さんのことを紹介すると「若い人に頑張ってほしですね」「女性の後継者へなんとしてもバトンタッチを成功させたいね」
など、声が寄せられました。
 定数2の文京で勝利することの厳しさは私たちはもちろん、他党派の関係者も誰でもよく知っています。ある関係者から「いい決断ですね。頑張って」と激励の声がかかりました。
 日本共産党は一致する点を大事に、都議選でも豊洲問題を引き起こし石原都政から続く大型開発を続け、福祉きりすててきた都政転換へ全力で頑張ります。
 
☆福手ゆう子 都議予定候補・区議会議員のプロフィール
 1977年 岐阜県美並町(現・郡上市)出身 名古屋外国語大学中国語学科卒業後、映画製作の現場(映画「伊能忠敬-子午線の夢」など)で働く。映画の仕事がないときはアルバイトの掛け持ち生活、2006年東京保健生協に就職、2014年、日本共産党文京地区委員会勤務、2015年、文京区議初当選。文京区本駒込6丁目在住、家族、夫。

[PR]
# by terukaneko | 2016-11-13 07:53 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧