日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

予算委員会の準備

 午前中は、ハンドマイク宣伝に出ました。保育園の申しこみで500人超える不承諾通知が送られた事態の改善を訴えました。そのためには私立も区立も保育園を増やすしかありません。私も不承諾通知書を受け取ったことがありますが、この時期は待機児ゼロをなんとしてもの思いが一層募ります。

 午後は打ち合わせとポスターの貼り出しを行い、そのあと予算委員会の準備へ。
 今日は防災対策のところを。
 この間、がけの安全対策へ直接助成が実現していますが、東京都が区内48箇所の急傾斜地崩壊危険箇所の基礎調査が都心区でも始まっており、それを踏まえた更なる独自調査を実施する区が出ています。文京区と同様に急傾斜地崩壊危険箇所がある区です。文京区でも5m以上のがけ地を対象とする区の基礎調査の対象外となるがけ地の調査が必要だと思います。調査結果を区が持ち防災対策と所有者への啓発に活用すればいいのです。というような質問文章を作成し次の打ち合わせに向かいます。
[PR]
by terukaneko | 2015-02-21 18:36 | Comments(0)

認可保育園に入りたい 区立441人超 私立127人超 の事態!

認可園待機児ゼロは子育て世代にとって切実な願いです。このブログでもたびたび取り上げてきました。「職場復帰がかかっている」「保育園に預けて仕事をしないといけない」といった相談がある度に痛感します。
平成27年度の認可園申込で定員超過は、2月1日時点で、区立園の0~5歳児441人、私立園の0~1歳児127人でした。
 私立園の2~5歳時では定員に計146人の余裕があり、区立園に入れない441人の子どものうち、146人が私立園へ入園すると仮定しても、295人が認可園に入れないのです。
 区内の認証保育園の定員数を差し引いても、昨年度は最終的に、どの保育も受けられない子どもが104人だった事態はさらに深刻さが増しているという状況です。
 かつて、石原都政の時代、東京では認証保育園の増設で待機児を解消させようという動きがありました。私の娘も認証認証保育園で預かっていただいたことがあります。あの東日本大震災の日も認証保育園で夕方まで預かってもらい本当にお世話になりました。しかし、結局、保育料が高い上に、保育の質の点では認可保育園には及びません。私たち日本共産党区議団の繰り返しの提案で、認可園増設へ都も区も方針を転換しています。港区では区立保育園の増設に踏み出しています。
 こうした保育園増設の流れが変化したのは、子どもたちが思い切って遊べる園庭や夏はプールのある、保育の質が確保された認可保育園を求める区民の声と議会での提案が相まってのことです。
 私立園誘致に加え、622億円ものためこみ金の還元で園庭やプールのある区立園を文京でも増やすため全力で頑張ります。


[PR]
by terukaneko | 2015-02-20 14:21 | Comments(0)

政府補正予算による「新交付金」活用策を提案

プレミアム商品券、住宅・店舗リフォーム、子育て・介護助成、学校予算増に

2月3日に成立した約3兆円の政府補正予算は「緊急経済対策」であるものの、実質賃金18ヵ月連続減などアベノミクス失政の下、経済再生に必須の家計を温めるものではありません。2110億円の軍拡予算と
原発再稼働を前提に過酷事故対応に90億円を計上しており国会で日本共産党は反対しました。同時に、この予算に盛り込まれた「地域住民生活等緊急支援のための交付金」は、活用によっては区民生活を一時的に応援することが可能です。そこで開会中の区議会で積極的な活用を提案しました。

文京区への交付額は?

 12日の区議会本会議で高畑区議の代表質問に対し区長は「区への交付限度額は1億2500万円」と答弁。活用策として「プレミアムお買い物券事業など」を検討中と答弁しました。地元商店の振興にと、党区議団が長年要求してきたプレミアムお買い物券事業は、平成26年度は発売額が1億円で、区が1千万円を出すことで1割増しの買い物ができることから毎年、発売と同時に完売となっています。新交付金の活用で発売額や発行回数を増やせる見通しと共に、この規模の交付金ならば他の施策にも活用できる額であることが明らかになりました。

国会質疑生かし、生活応援に活用を提案

17日の自治制度特別委員会で私は、交付限度額のうち「地域消費喚起・生活支援型」が1億1100万円、「地方創生先行型」が1400万円と確認。党国会議員団の吉良よし子参院議員(参院・東京)や田村貴昭衆院議員(衆院・比例九州)が委員会質問し、介護費用や住宅リフォーム助成にも交付金を活用できると政府答弁を得ていることを踏まえ、区民生活応援のため文京区でも住宅・店舗改修の助成、一時保育や病後時保育に使える子育て券、子どものインフルエンザ予防接種費用助成や介護費用助成への活用や学校備品予算の増額にも使えると提案しました。

区側は交付金の活用について明言は避けたものの、年度内に補正予算化することを認めており、開会中の区議会で審議することになることは確実です。切実な区民要求に応えた交付金活用となるよう引き続き頑張ります。


[PR]
by terukaneko | 2015-02-20 13:53 | Comments(0)

区政で日本共産党を前進させてください!

 まもなく4年の区議の任期が終了しようとしています。そこで、この間の要求実現した点を振り返ってみたいと思います。

◎小中学校全教室のクーラー設置トイレ完全洋式化実現 
 日本共産党の毎年の学校調査、予算修正が“決定打”となり、2011年には普通教室、15年度には全特別教室の冷房化が実現。トイレも避難所対応で箇所ごとに1つの洋式設置の方針を変えさせ、全小中学校の完全洋式化・ドライ化が実現し、臭いトイレの解消も一気にすすみます。                               
◎18小中学校の施設改修に50億円拠出を決めさせる 
 党区議団は、学校ボロボロの実態を調査し、「子どもたちがかわいそう」と2002年の「子どもたちに安全・快適な学校環境を」の予算要望、毎年の予算修正で、しぶる区政に風穴を開け、小中18校に50億円拠出の改修計画を実現させました。

◎全小中学校の図書館に司書派遣実現
 長年の要求がみのり、全30小中学校に1日4時間、週4回、区立図書館から司書が派遣されます。

◎がけ地修築「自助」→「公的支援」へ
 東日本大震災を経ても、がけ地整備支援は融資あっせんと利子補給だけ。独自のがけ調査で区内の実態を示し、公的支援を求める繰り返しの論戦で、直接補助(最大百万円)が実現しました。

 他にも、待機児対策を認証保育園から認可保育園の増設へ転換させ、特養建設へ方針転換させるなど、大いに区政を前進させてきたのです。この変化の根源は、区民要求です。困っている、何とかして欲しいという声を受け、区政にまっすぐ届ける中で前進がつくれたといえます。引き続き、こうした役割を、私たち日本共産党区議団は果たしてゆきます。4月にはなんとしても6名から7名へ前進させてください。私は2期目の挑戦となります。区政で引き続き働かせてください。
[PR]
by terukaneko | 2015-02-11 23:14 | Comments(0)

2月12日本会議で高畑ひさ子区議が党区議団を代表して質問します!

 あす12日、区議会本会議で日本共産党を代表して高畑ひさ子区議が質問します。春には福手ゆう子さんにバトンタッチする高畑さんの最後の本会議質問となります。また、現区政への対決点を示す質問ともなります。質問は3人目、午後3時過ぎからになる予定。ぜひ傍聴にきてください。

質問項目は以下のとおり。
1 成澤区長の政治姿勢と新年度予算-渋る・削る・貯めこむ区政
2 育成室・幼稚園保育料の再値上げ、区施設・業務の民営化はやめよ
3 学校快適化の改修とともに改築計画を急げ、柳町小の増築問題
4 社会保障削減のもと区が行き届いた介護と支援 
5 精神障害者対策について
6 多額の税金を投入する再開発事業について納得いく区民説明を 
7 防災対策-避難所の増設、福祉避難所の運営方針の策定状況
8 木造住宅の耐震化、がけ調査を
9 区施設の集約による地域交流館の廃止は問題 
[PR]
by terukaneko | 2015-02-11 09:47 | Comments(0)

「がんばってください」

 根津駅で朝の駅頭宣伝をしました。この4年間、学校施設改修を50億円で実施する計画ができたことや、がけ改修工事に最大100万円の直接補助が始まっていること、新年度からすべての小中学校の学校図書室に司書派遣が実施されること、などなど、区民の願いが実現したことを中心に演説しました。
 宣伝の中盤にある男性から声をかけられました。「4年前に支持しました、これからもがんばってください」と。今日はものすごい寒さでたじろいでしまったほどですが、こうしたエールをもらうと元気になります。ありがとうございました。
 演説の中には、文京区の防火地域が23区でも唯一、木造耐震化助成の対象外になっていることや、千代田・港・中央などにならって、区立の公衆浴場をつくるべきとの課題についても訴えました。
 さて、今日から区議会が始まります。区民要求実現へ大いに論戦したいと思います。
 
 今日は日本共産党演説会です。午後6時半から東京体育館が会場です。根津駅前(午後5時)からはバスも運行します。ぜひご参加ください。(バス乗車希望の方は電話03-3814-1076へ一報ください)
 会場では私も壇上で紹介していただきます。会場でおあいしましょう。
[PR]
by terukaneko | 2015-02-10 09:09 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧