日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

後楽園駅前で宣伝

 消費税廃止各界連絡会の皆さんと一緒に「増税中止」を訴えました。先日訪問したある食料品店では「毎日つかう日用品を扱っているから、商品の値段に増税分を転嫁していない。身銭切っている。」とのことでした。またある介護関係者からは「介護報酬が下がると経営ができなくなる。介護の質を下げるか、閉めるところもでてくるのでは」と深刻です。安倍首相は「社会保障のために増税」といっていたのに、社会保障は切り捨て、負担増が続きます。消費税に頼らない道・応能負担税制で対案を示し期待を集めた国会議員団。いよいよ国会開会で始動します。こうした話をさせてもらいました。
 演説を終えると建築業を経営している方からはなしかけられました。人件費の高騰で経営が大変とのこと。元請は発注者と協議して契約額を増してもらっても下請けまで回ってこない、とのこと。苦しんでいる人々のところを支援する政治の役割がいよいよ求められています。
 宣伝には東京土建、文京区労協や民主商工会、新婦人のみなさんが参加。共産党からは萬立幹事長と高畑ひさ子区議、福手ゆう子さんと私が参加しました。
[PR]
by terukaneko | 2015-01-26 13:20 | Comments(0)

高齢者のくらし応援する自治体へ

 今日お会いした方の中でデイサービスセンターを経営されている方がいます。先日発表された介護報酬の削減を大変心配されていました。小規模な事業所ほど今回の報酬削減が打撃になることを心配して「今年は介護事業所がなくなっていく年になるのでは」と話していました。既に心配なこともいくつかお聞きしました。別の在宅療養されている方のところでも介護の負担を軽くしたい「義母と夫の介護で50年間、在宅介護している」という方でした。またある方は療養病床で毎月40万円の費用がかかるとの実態も。
 介護保険の保険料改定を含む、高齢者計画の改訂が迫る中、介護の社会化を目指してスタートした保険制度が介護の家族化を招いています。背景には社会保障を自助・共助に置き換えた政府の社会保障切捨てがあります。政府の切捨てに唯々諾々の自治体でなく、区民の実態の改善・応援をする区政への転換が必要です。
[PR]
by terukaneko | 2015-01-18 20:41 | Comments(0)

いままでは自民党だったけど…

 今週のしんぶん赤旗日曜版では新潟の元自民党市議だった方が登場しています。消費税増税の一方、社会保障改悪が連続し「慙愧にたえません」とコメントされています。今の自民党の政権は歴史を偽造し沖縄県知事との面会しないなど、民主主義を理解しません。明らかに今までの自民党と異なる状況です。今まで自民党を支持してきた方々の中でも、私たち日本共産党と一致し、場合によっては支持を表明してくださる方がでている、という記事です。
 私もこの間、地域の挨拶まわりをする中で、同じような思いを持っている方に会ってきました。「私は自民党の有名な幹部と知人だが、年末の総選挙の際、秘密保護法や集団的自衛権の問題で共産党にがんばって欲しいと思い赤旗を読み始めた」という方。「安倍政権はほんとに危険。日本の侵略戦争の加害の歴史を無視することはできない。偽造などもってのほか。中国や韓国などアジア各国と友好の関係を作らなければ日本は生きてゆけない」と話す企業経営者の方などと、この間お話ししてきました。
 すぐには赤旗に登場できなくても、このような思いで日本社会と政治を見つめている方々が、近くにたくさんいるという自覚をもって、4年間最後の定例議会に望みたいと思います。
[PR]
by terukaneko | 2015-01-17 21:35 | Comments(0)

文京 新春演説会のご案内

 1月19日(月) 午後6時半から
 文京区民センター3Aにて日本共産党演説会を開催します。
 弁士に宮本徹衆院議員。そして、4月の区議選予定候補7名=関川けさ子前区議、金子てるよし区議、福手ゆうこ予定候補、こうだ久美子区議、島元雅夫区議、いたくら美千代区議、まんだち幹夫区議が決意表明します。
昨年お世話になった石沢のりゆきさんも挨拶の予定!
せびご参加ください。

b0207693_1285766.jpg

(文京区はたちのつどいで訴える 左から石沢のりゆきさん、金子、まんだち区議)
[PR]
by terukaneko | 2015-01-16 12:09 | Comments(0)

ふね公園がリニューアル!

  昨年からすすむ「公園整備計画」。10日は白山1丁目の「白山第二児童遊園」が「丸山新町公園」として整備され、記念の式典がありました。
 近所ではみんな「ふねこうえん」と呼んでいて、その名称がふね型の新しい遊具の上に書き込まれていました。幹に空洞があった樹木は撤去したとのこと。新しく御殿場桜が植樹されました。
公園中央に船の滑り台はこれまで通り配置され、これからも「ふね公園」として親しまれるのでしょう。
b0207693_11242644.jpg


 公園整備計画で整備対象となった公園は地域の利用者や保育園の保護者に意見を聞き、説明会を開いて整備計画を立案・実行しています。こうした「参加型」の整備手法は自治体にふさわしい手法だと考えています。区の施設計画にも取り入れられるべきだと思います。
[PR]
by terukaneko | 2015-01-16 11:30 | Comments(0)

本年もよろしくお願いします

 遅くなりましたが2015年もみなさんよろしくお願いします。年末から年始へとみなさんいかがお過ごしでしょうか。年末の総選挙を経て、私は今、第1回定例議会の準備と4月の区長区議選の準備を同時並行で進めています。

 年末の総選挙で日本共産党は現有8議席から21議席へと躍進することができました。政権党である自民党が全国の比例票の合計が約1700万票だったことは「薄氷を踏む」勝利だったということが話題になっています。私たち日本共産党の指摘ですが、昨日の日本農業新聞でも話題になって記事になっていました。

 春のいっせい地方選ではこの世論をしっかり踏まえることが大事になるでしょう。安倍暴走政治をストップさせたいという世論をしっかり伸ばし、審判を下すことが大事です。地方選で言えば、安倍暴走政治を「下支えする」ような地方政治の担い手にしっかり審判を下してゆくことです。

 そういう視点でこの間お会いしてきた方々の言葉を思い起こしてみます。
「安倍さんは怖い」「年金が少なくなっているのになぜ増税なのか」「新年早々、介護の負担が増えると聞いた。入院の食事代も負担増。年金で暮らしているものはこの先心配」「保育園になんとしても子ども預けて育児休暇あけに復帰したい」…これら言葉の背景には自民党政治があり国民の暮らしをないがしろにしているわけですが、その政府に自治体は公式にものを言い、自治の一環として要求を実現することができる力を本来持っています。自治体が国の政治を「下支え」するだけでは役割を発揮したことにはなりません。
 このことを大いに訴えてゆきたいと思います。
[PR]
by terukaneko | 2015-01-16 11:20 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧