日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「死亡消費税」!?

 夕方、1日の活動を終えて事務所で今日の「しんぶん赤旗」日刊紙を一読して驚いた。「死亡消費税」の見出しの記事を読んだのです。6月3日の社会保障制度改革国民会議の13回会合で、東大の伊藤元重委員が、提出した文書に、「高齢者の医療費をカバーする目的」で遺産に税をかけるというもの。伊藤氏は経済財政諮問会議の委員でもあり、安倍内閣のブレーンの「学者」。テレビで見かけるし、東大赤門付近で見かけたこともある。この「死亡消費税」の発送は民主党政権下でも検討されており、09年の12月、当時の仙石行政刷新大臣がテレビで死亡時に遺産に課税する構想を披露したそうだ。
 日本共産党は260兆円にものぼる大企業の内部留保の1%活用で8割の企業の労働者の月額1万円の賃金アップで内需を拡大する政策を提唱しているが、どうしてこうした市場経済のダイナミズムを活用した財源政策が出てこないのか?自民も民主も大企業にモノがいえない=企業献金に懐柔されている政治の異常があるのです。
[PR]
by terukaneko | 2013-06-29 21:58 | Comments(0)

「初めて投票しました」

 選挙後、様々な方と選挙結果について意見交換の場面がありました。「小竹さん、思っていた通りだね」「憲法だけは守って欲しい」「公約実現にがんばって」という期待の声とともに、「今回、初めて共産党の候補へ入れました」という方が何人もいました。本当にうれしいことです。
 共産党の政策はいいけど…という方々が、実際に投票していただいてこそ、本当の躍進です。
 同時に「いつも宣伝しているね」と日常の活動に共感を寄せていただいている声も多いです。共産党はマスコミにあまり取り上げられることが少ないですから、その分、独自の宣伝を重視していて私も及ばずながら駅頭・街頭で宣伝しています。そういう活動を見ていてくれたことはうれしいことです。
[PR]
by terukaneko | 2013-06-29 21:43 | Comments(0)

募金へのご協力をお願いします~日本共産党文京地区委員会

 いよいよ参議院選挙。共産党は活動資金は党員の党費と機関紙「しんぶん赤旗」などの事業活動と募金によってまかなわれています。事業活動自体も、党員や支援者のボランティアによって支えられている部分が多いですし、収益があるかといえばそうでもありません。したがって多くが党費と個人からの募金で活動しているわけです。
 今、各党の中で独自の事業活動と募金で活動しているのは共産党だけです

■政党助成金への依存度(政党本部分)の変化(1995年→2011年)
日本共産党0%             →0%
自 民 党56.7%           →72.5% 
民 主 党10.6%(1996年結党時)   →83.2%
公 明 党3.7%            →17.9%
社 民 党38.3%           →52.5%
みんなの党(2009年結党)       96.8%
維新の会 (2010年たちあがれ日本結党)77.4%

 政党への支援は一人ひとりの国民が支持したい政策や理念対して、多様な形で行われる必要があります。お金での支援は一つの形です。「政党助成金」という形で、税金で支援するというやり方は間違っていると思います。そういう見地で、日本共産党は政党助成金の申請も受け取りも拒否しています。

そこでお願いです。日本共産党の活動をぜひみなさんのカンパで支えてください。
募金はこちらでも受けつけています

 郵便振替口座 加入者名 日本共産党文京地区委員会
        00170-4-22910


 振込の際には通信欄に「金子のブログ見た」等メモをお願いします。
[PR]
by terukaneko | 2013-06-29 09:55 | Comments(0)

定数2人区 小竹ひろ子さん 3選

 今回、開票の立会人は萬立幹事長。私は茗荷谷のスポーツセンター観覧席で開票作業を見守りつつ、情報を選挙事務所に伝える係をやりました。報道各社の記者や各党の区議も来ていて、10時半の正式発表後も当落は判明せず…11時少し前頃、最終の票数がわかってきました。
b0207693_14164078.jpg

[PR]
by terukaneko | 2013-06-27 14:16 | Comments(0)

待機児童解消は認可保育園増設で! 財源も提案しました

 日本共産党区議団は「待機児ゼロ」実現へ認可保育園の増設を求めてきました。これを受け区は今年度中に3箇所の認可園増設を実現させたいとしています。
 厚労相は、日本共産党の高橋ちづ子衆院議員の質問に対して「認可保育所を増やす中で(待機児を)解消していく」としつつ、「民間の力を借りて整備していく」と答弁。高橋氏は、1700億円あれば10万人分の保育所がつくれると日本共産党が提言していることを紹介し、国が計画を持つべきだと強調しました。(東京では780億円あれば3万人分の認可園を作ることが出来ます。)

 ■公立保育所整備に使える国の補助金あるのに
 高橋衆院議員が「地域の元気臨時交付金」(2012年度補正予算)が公立園整備に使えるはずと提起すると、政府側は「充当することが可能」と答弁したことから、党区議団は6月区議会で、この「地域の元気臨時交付金」を区立園新設の財源として提案をしました。 
 しかし、区は「交付金」の活用の検討はしていないとのこと。昨年の保育施設における全国の死亡事故18件中12件が「認可外」で、一時預かり初日の死亡事故3件も含まれています。認可保育所の増設は待ったなしなのです。
[PR]
by terukaneko | 2013-06-27 14:03 | Comments(1)

認証保育所の保育料助成拡充を 

 今年度、区立・認可保育園を申し込んで、入れなかった児童は455人(2月時点)にのぼりました。認可保育園が足りないためです。入れなかった児童は認証保育所(都が認める認可外保育所)などに入所しており、今年は271人います。
 しかし認証保育園は月6~8万円の保育料が必要で、区の助成は2万円に留まっています。認可園の保育料は収入に応じた「応能負担」になっており、格差が生じているため、これを解消する条例 (助成の上限4万円)を6月の区議会に日本共産党区議団が提案しました。尚、千代田、中央、港、墨田など23区中、9区は文京より充実した助成を行っています。

各会派の態度表明は…
 ■文京区認証保育所保育料の助成に関する条例
   共産○ 改革×  自民× 公明×
   市民○ みんな× 至誠× 維新×  
  ※○賛成 ×反対
  「改革」は民主党公認の区議等、「至誠」は解党した元国民新党の区議の会派名。

 条例案は否決されましたが、これからも子育ての経済的負担の軽減へ頑張ります。
[PR]
by terukaneko | 2013-06-27 14:02 | Comments(0)

東大前駅でも選挙結果を報告

 駅頭で先ほどまで、都議選結果の報告をしていました。「よかったですね」「認可保育園を作ってください」など、声が寄せられました。こうした要求実現へ向け参院選はどうしても目標の吉良よし子候補と比例で5議席を獲得したいところです。
 昨日の宣伝カーでは吉良候補のことを「キラキラ輝く吉良よし子」と紹介しながら宣伝カーで流し宣伝をしました。こういうキャッチフレーズも大事ですね。
[PR]
by terukaneko | 2013-06-26 09:47 | Comments(0)

選挙結果の報告宣伝

 昨日は夕方に千駄木駅で、今日は午後、小竹ひろ子さんと区議団全員で根津駅の他、区内の各地で選挙結果を報告しながら宣伝を行ないました。
 「原発を輸出しようなんてやめさせないと」「シルバーパスをメトロ地下鉄でも使用できるようにという公約をみて小竹さんに入れました」など、たくさんの激励と期待の声が寄せられました。公約実現に向け小竹都議とともに私も頑張ります。
 続く参院選では比例代表でなんとしても5議席を確保し、東京選挙区では吉良よし子さんの議席を確保するために間髪入れずに頑張ります!
 あすは東大前駅で結果報告宣伝を朝、行なう予定です。
[PR]
by terukaneko | 2013-06-25 23:38 | Comments(0)

小竹ひろ子さん 定数2で議席獲得!

 9日間の都議選が終わりました。昨日、投開票され、小竹ひろ子候補は19,693票獲得し、議席を確保することが出来ました。ご支援いただいたすべての皆さんに感謝申し上げます。この間、選挙準備などで、ブログの更新も滞っており大変申し訳ありませんでした。
 選挙結果については、文京地区委員会や党本部を始めとして十分に検討をした上、きちんとしたコメントを発表する予定ですが、この間、訴えてきた子育て世代への経済的的負担軽減、認可保育園、特養ホーム増設、シルバーパスをメトロでも使用可能に、木造住宅不燃化、耐震化促進、がけ地・擁壁調査・安全化対策…など、訴えた政策・公約の実現に向け、小竹ひろ子都議含む17名の都議団と連携して、要求実現へ全力で頑張っていく決意です。
[PR]
by terukaneko | 2013-06-24 16:04 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧