日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

根津・千駄木で緊迫した国会情勢の中、宣伝カーで訴える

 昨日は午後から宣伝カーで宣伝。不忍通りで街頭宣伝を行いました。「解散・総選挙」に向け緊迫した情勢のなか、消費税と原発政策について訴えました。「がんばって」とビラを受け取りに来る方もいて励まされます。この間の宣伝では、ビラを受け取りに来る方が必ずいるのが特徴です。
 宣伝カーを降りると首相と自民党総裁の「討論」が行われています。首相が「16日に解散する」と発言し、比例定数問題で言い合っているうちに終了。自民党総裁が選挙制度は民主主義の土台で、二つの政党だけで決める問題ではないと発言しながらも、ニュース速報が流れ一気に解散日程まで決まりです。
 街頭でも話したことですが、消費税増税には過半数の反対、原発ゼロを支持する世論も国のパブコメで8割…この世論を裏切っておきながら、今度は国民の声を切り捨てる定数削減とは二重の切捨てです。
 身を切るというなら政党助成金をやめるべきです。政党助成金制度ができて以来の16年間で、自民は2600億円、民主党は1300億円も受け取ってきたのです。ご存知ですか?
 選挙制度は「世論を正確に反映する」比例制度中心にすべきです。過半数の消費税NO、8割の脱原発の世論が国会議席に反映したことを考えてみましょう。民主主義とはそういうことのはずです。
 日本共産党は消費税、原発、安保、領土と今、焦点の問題で対案を示しています。大いに総選挙で訴えで議席倍増へ力を尽くしたいと思います。
 夕方、地域の方の卒寿のお祝いへ。その後、選挙準備の会議。区議会は20日から始まります。
 忙しさに拍車がかかってきました。
[PR]
by terukaneko | 2012-11-15 12:32 | Comments(0)

まちかど宣伝で激励の声

 「消費税の増税を一方的に決めるのは納得いきません」「今度は衆院選、桑名ってどんな人」「私もずっと共産党を応援しています」「今の政治は本当にひどい。ビラください」
 これらは千駄木駅前や根津のまちかどでハンドマイク宣伝中に寄せられた声です。
 民主党の政権になって公約の投げ捨てが続けられ、さりとて自民党に戻るのもダメ…そんな思いの中で共産党への期待を街頭で感じます。「第三極」をマスコミが持ち上げようと必死の持ち上げが続いていますが、主張の中身が問題です。都議会では「維新」を名乗る都議が大日本国憲法復活請願を採択させようとし失敗しました。有権者に訴えるべき政策もないことを証明しています。
 都知事選候補に様々な名前が挙がっていますが自民・公明政権時代に閣僚経験のある舛添氏を民主が押し、自民からもオファーの声があがるなどの報道もでています。都議会では自民も民主も石原知事の予算に賛成してきた与党ですから当然のことともいえます。
 即時原発撤退、反貧困・消費税増税NO、憲法九条…これらの一致点で力を合わせ、都政・国政を転換するチャンスです。
[PR]
by terukaneko | 2012-11-11 12:33 | Comments(0)

根津・千駄木・弥生地域でまちかど宣伝

 都知事選に宇都宮健児さんが立候補を表明されました。原発ゼロをめざし、憲法を大事にする立場を打ち出しています。ご自身「反貧困」の運動に参加され格差問題に取り組んできた運動家です。私たちとも一致できる候補が決断され、首都東京から「人にやさしい」政治を発信してゆく絶好のチャンスです。なんとしても宇都宮さんを都知事に押しあげたいものです。
 そこで、午前中、党後援会のみなさんと一緒にまちかど宣伝に取り組みました。都知事選とあわせて目前にせまった総選挙にむけて、共産党の政策をつたえることが今一番大事だからです。
 「がんばってね」とビラを受け取りに来てくれる人も多く大変励まされます。
 午後は党の会議へ。夕方、道でばったり友人のAさん夫妻と再会。元気な赤ちゃんが生まれお散歩中とのこと。おめでとう!!
 
[PR]
by terukaneko | 2012-11-11 00:05 | Comments(0)

小竹ひろ子さん 都政へ挑戦

 来年の夏に実施される東京都議会議員選挙で文京区選挙区から日本共産党公認で小竹ひろ子前都議が議席奪還へ挑戦することになりました。本日、記者会見を行い発表しました。
 小竹さんは2009年の都議選で次点で惜敗。
 「福祉は贅沢」と暴言を吐いた石原知事と論戦しつづけてきた実績を持っています。築地市場の移転計画に対して、移転予定地の豊洲が東京ガスの工場跡地のため、ベンゼンなどの猛毒物質が埋められ、食品を扱う市場予定地に適さないことを問題提起した調査・論戦にめっぽう強い政治家です。
 記者会見で都議選への決意をこうした都議会での論戦を振り返って述べる小竹さん。
 現在、文京区の2議席は民主・自民が占めています。いずれも石原都政の予算の賛成する「オール与党」の議席でした。文京の二つの議席のうち、一つは事実に基づく論戦で都民のくらし・福祉と環境の願いに寄り添い、追求する政治家が必要です。この4年間の痛切な思いを胸に、来年の都議選で議席を何としても獲得し、小竹さんに都議会で仕事をしていただきたいと思います。私も全力で頑張ります。そのためにもまず都知事選、原発ゼロを明言できる知事をみんなの力で誕生させたいものです。
b0207693_22102370.jpg

[PR]
by terukaneko | 2012-11-08 22:12 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧