日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

よみせ通り商店街で「原発撤退署名」

 午後3時から1時間ほど、よみせ通り商店街で「原発撤退」署名を訴えてきました。31筆がよせられました。ご協力ありがとうございました。
 このところ、民主党の3人目の首相、野田首相の原発についての発言が続いています。
 国会の所信表明演説では、定期点検などで停止中の原発は「安全」が確認されれば再稼働を認めるといいました。事故原因が調査中で、その対策も、規制する体制づくりもこれからというのに、「再稼働」だけを先走りさせるのは許されないと思います。
 国連本部で開かれた「原子力安全首脳級会合」では野田首相は次のように演説したそうです。 「(東電福島原発の)事故は着実に収束に向かっている」「放射性物質の放出量は当初の400万分の1に抑えられている」「日本は原子力発電の安全性を世界最高水準に高める」津波の備えが不十分だったことは認めたものの原発依存そのものを見直すとは言わず、新興国などの「高い関心にしっかり応えていく」と。
 多くの国民が自然エネルギーへの転換を願い、そうした政治の変化を求めている時に、原発推進への流れをつくろうと必死になっている首相の姿はやっぱりおかしいと思います。
 こうした点をお知らせしながら署名を呼びかけました。
 若い世代も、高齢者も協力してくれ、対話になるのが特徴です。この間、千駄木駅などでも1時間ほど署名を呼びかける宣伝をやっていますが、1時間で30筆前後という結果が続いています。世論は原発からの撤退、自然エネルギーへの転換を求め続けていることを実感します。
[PR]
by terukaneko | 2011-09-24 20:11 | Comments(0)

幼稚園・保育園の砂場で放射線測定実施へ

 区立・私立の幼稚園・保育園の全てで砂場の放射線測定を実施すると区より報告がありました。あわせて落ち葉で堆肥をつくっている小中学校のうち一カ所を選定し放射線の測定が行われることも明らかになりました。
 3月の福島原発の事故以来、とりわけ子育て世代の間で放射線への心配が広がっています。区内では「放射能から子どもを守る文京ネットワーク」の皆さんが、7月末迄に7842筆の署名を集め区へ放射線測定等の対策を求めていました。こうした区民の世論が区政を動かしたのだと思います。
 区は「放射線量に大きな変動があった場合は専門家の助言を受け適切に対処してゆく」としていますが、砂場に限らず、子どもたちの生活の場では放射線測定を各所で行い、高い値が出たら、直ちに砂や落ち葉を清掃・除去し、子どもたちに触れることのないよう「格納」すること(除染)が必要です。なお、13日の本会議では板倉美千代区議が「除染対策」と給食食材の放射線測定を求めています。更なる対策を求めてゆきたいと思います。
[PR]
by terukaneko | 2011-09-20 22:31 | Comments(2)

根津神社で三座の舞をみる

 土日は根津神社のお祭りでした。娘も保育園でお祭りの話で盛り上がっているらしく、「おまつりいく!」と自ら浴衣を引っ張り出していざ出発。町会の皆さんが準備された山車の列に加えていただきご満悦である。
 娘はお昼寝に入ったので、午後の神社へ。「三座の舞」という神楽が始まっている。40分ほど笛と太鼓の演奏の末、衣装を身に着けた舞手が現れた。次々に足が止まり唐門前の広場がいっぱいになった。木立に囲まれた神楽殿前の広場から空を見上げると真夏同然の日差しと青空だけが視界にはいってくる。この風景があってこそ社殿も神楽も活きてくる。
 根津の1,2丁目、宮本町、宮永町、藍染町、片町、八重垣町と一回りしてみた。沿道はお祭りでごった返しているのに、路地裏には意外な静まりがあった。

b0207693_925762.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-09-20 09:24 | Comments(0)

日本は最下位!

 季節の変わり目で子どもの体調が不安定だ。朝の出勤の時間がずれ込んで、東大前駅での朝宣はいつもより10分程度遅れてスタート。開会中の区議会の報告と共に、民主党三人目の首相と所信表明演説についてコメントした。なにしろ国民世論の大多数が撤退・縮小を願っている原発問題についてすら「脱原発と推進という二項対立は不毛」と決めつけ、「再稼動」を打ち出したことなどを話しました。
 また、今朝の「しんぶん赤旗」一面では、日本の国内総生産に占める教育への公的支出が3.3%で、比較できるOECD加盟国31カ国中、最下位になったと報道しています。こんな状態だから私立大学は高い学費になるわけだし、高校の授業料無償化は継続させるべきなのだと訴えてきたところです。
 さあ、今日はこれから本会議3日です。委員会準備も急ピッチで進めないと。
[PR]
by terukaneko | 2011-09-14 09:28 | Comments(0)

放射能から子どもたちを守る文京ネットワーク

 「放射能から子どもたちを守る文京ネットワーク」のみなさんから署名活動の報告文書をいただきました。ありがとうございます。
 ネットワークで集めた「子どもたちを放射能から守るための嘆願署名」は7842筆に到達したそうです。この季節大変な取り組みだったと思います。大変お疲れ様です。

 この課題ついては、まさに現在進行形です。13日のいたくら議員の代表質問では質問の冒頭で
 (1) 放射線量測定と除染対策について
 (2) 子どもたちの被ばくを抑える対策を
 (3) 食品や水の暫定規制値を抜本的見直すよう国に求めること

 の項目について質問し区の見解を求めることになっています。代表質問にご注目ください。
 
 ネットワークのみなさんは報告文書で「未だ収束しない福島原発の問題、そしてこれから放射能汚染については長い長い年月をかけて自治体と区民が力をあわせて、対策を講じていかなくてはならないことだと思っております」と、この課題についての見解を表明されていますが、私も全く同感です。
 私たち日本共産党、は更に原発を撤退させ、自然エネルギーの活用促進を図る立場を表明していますが、多くの方々のとの共同をつくり、実現をめざしたいと思います。
 
[PR]
by terukaneko | 2011-09-09 16:22 | Comments(2)

区議会が開会 2つの条例案を提案

 今日から区議会が開会しました。今度の区議会に二つの条例案を提案しました。
 一つは認証保育園の保育料の助成条例です。月当たり8~9万円の保育料がかかり、そのうち既に2万円の助成が行われていますが、それでも区立園との差額が大変な負担です。今回の条例案は4万円を上限として、区立園との保育料の差を助成する条例案です。これで認証保育園についても「応能負担」の保育料に実質的に近づけると思います。
 もう一つは、区議会議員の費用弁償を無くすための条例案。委員会や本会議に出席すると「費用弁償」といわれる日当が出ます。これを廃止する条例です。
 いずれも、日本共産党文京区議団だけでなく、認証保育園の保育料助成条例は市民の広場(5名)との共同で提案。費用弁償の方はさらに新風会(1名)も提案に加わっています。
 審議にご注目ください。
b0207693_1623714.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-09-09 15:58 | Comments(0)

おめでとう!!

 議会の準備をばたばたとしていた所に、友人から「無事出産」のメールが入った。元気そうな、そして大きな男の子の写真が添付されている。奥さんは入院したと聞いていたので心配していたが、安産とのことでほっとしました。
 子育て仲間がまた、二人増えたぞ…。
[PR]
by terukaneko | 2011-09-08 17:28 | Comments(0)

区議会へお出でください

 あす9日から区議会がはじまります。

 本会議での日本共産党区議団の代表質問は以下の日程で行います。

 12日(月) 14時から   まんだち幹夫区議   (一人目なので14時から開始します)
 13日(火) 15時半頃から いたくら美千代区議 

 誰でも傍聴できます。上記の時間までに区役所22階の区議団控え室にお越しください。
 質問テーマをご案内します。

More
[PR]
by terukaneko | 2011-09-08 17:15 | Comments(0)

新人議員は語る

 6日、文京区女性団体連絡会主催の「新人議員は語る」という企画があり参加させていただきました。女性の地位向上のため様々な地位向上の活動に取り組んでおられる「文女連」は男女平等センターを管理運営し、様々な啓発活動に取り組んでいます。こうした活動への理解や見解をあらかじめ三つの質問にまとめて報告が求められていました。
 私は、男女差別撤廃条約の実施に向け、2009年に日本政府が国連から勧告を受けていることを紹介し発言をしました。発言時間は各質問ごとに三分でしたので、司会の方が言っていたように発言をまとめるには「技量」が必要で、中々苦労しました。はじめの質問に回答もれをつくってしまい、後から回答しなおしたりしながら、あっという間に終了時間となりました。
 後日、感想文がいただけるそうです。それを見てから自己採点してみたいと思います。
 文女連と参加者のみなさん、貴重な時間を作って頂きありがとうございました。
[PR]
by terukaneko | 2011-09-08 17:05 | Comments(0)

絶対高さ制限について

 区の素案の「制限値」は現在の法的基準の枠内で設定されています。従って、「この建築計画では高すぎる。低くして欲しい」という声に応えるものには基本的になっていないのではないでしょうか。茅ヶ崎市や尼崎市では地域ごとの紛争事例をもとに、住民が「○階建なら許容できる」という声を反映した「制限値」を導入している自治体もあるそうです。素案を新聞折込したわずか2日後に説明会を設定する広報のやり方も改善が必要です。説明会や添付のはがきで皆さんの意見や要望を出していただかないと区の提案どおりの計画で実施される可能性もあります。
[PR]
by terukaneko | 2011-09-08 16:45 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧