日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東大前駅

 8月31日といえば、夏休み最後の日で子どものころはとても重い響きをもった日付でした。今朝の駅頭宣伝ではまだ高校生も大学生もほとんどいないので、きっとそんな思いですごしているのではないかと空想しながら、民主党代表選や来月から始まる区議会へ向けた取り組み等訴えました。
 今日の「しんぶん赤旗日刊紙」の一面では野田氏(このときはまだ財務大臣)が30日の閣議後に、消費税を含む税と社会保障の「一体改革」について増税法案を2012年の通常国会に提出することを改めて表明したと報じています。このことも新聞を示しながら訴えてきました。
 
[PR]
by terukaneko | 2011-08-31 11:31 | Comments(0)

代表選

 民主党の代表選というのが終わりました。では、新しく代表に選出され首相になる方はどんな方なのでしょう。消費税増税を大連立で実行と、NHKのインタビューで長々と表明している方です。第二次大戦の日本の政治的指導者のA級戦犯にも異を唱えるという人物でもあります。演説がうまいとか、25年間駅前で演説していたとか、早くも報道各社の「ヨイショ」が始まっていますが、国民はこのように、財源といえば真っ先に消費税、歴史認識でも過去の日本の侵略を認めないなどという「自民党」路線の政治を見抜く力を持っています。小泉内閣の格差・貧困を招いた政治を転換しようと、その後続いた、安倍、福田、麻生、鳩山、菅の各内閣は発足当初はある一定の支持率を得るものの、その後は下降の一途をたどるという運命を同じくしてきました。その途上で「政権交代」もあったわけです。
 今朝のニュースでは「三党合意を守る」と野田代表が表明していると盛んに報道しています。これは民主党マニフェスト(政権公約)の主要政策見直しに関する自公両党との合意のことです。それを「誠実に守っていく」と発言したとのこと。
 民主党は総選挙では「自民党政治を変える」「消費税は4年間上げない」と言っていたのですからこれほどの公約違反はありません。少なくとも、国民の審判を経ることなしに大連立や大増税に進むことは、「ありえない」と思います。
[PR]
by terukaneko | 2011-08-30 09:03 | Comments(0)

汐見小学校 ゆうすずみ会

 土曜日に開催された「ゆうすずみ会」にお邪魔しました。夏休みの最後の思い出にと町会や学校関係者、お隣の第八中学校の方々が模擬店やゲームコーナーを出店されています。子どもたちの歓声があちこちに上がっていました。この日は久々に涼しさを感じる日でした。「気温は24度ですね」と教えてくれたのは、2007年に文京区長選に立候補されたしかくらたいすけさん。久々にお会いしました。当時、学校や公園の統廃合を阻止しようと区民の世論が高まるなかで、区政の転換目指して、しかくらさんが立候補されました。日本共産党は支持する立場を明らかにし、当時、故小林進区議選対で活動していた私も小林選挙事務所などで何度かお会いしたことがありました。
 ところで、この土日、行く先々で話題になったのは民主党の「代表選」のこと。もういい加減にしてくれ…という声をあちこちで聞きました。日本経済も大変な時期に、大して違いもない候補者たちの言い分を長々と放映するテレビの報道も改善が必要です。どうして菅首相が退陣に至ったのか、それは国民の意思に反する政治を行ってきたからです。その反省なしの報道が多すぎます。そのストレスに先々でぶつかった2日間でした。
[PR]
by terukaneko | 2011-08-29 09:18 | Comments(0)

防災訓練

 日曜日は関口台町小学校を開場とした防災訓練に参加しました。町会や消防、警察、自衛隊なども参加し消火や救護の訓練も行われました。猛暑の中、準備に当たられたみなさん、大変お疲れ様でした。
 電気・ガス・水道・電話などのライフラインや公衆衛生を維持する薬品などを販売する企業のブースも設置されていました。水道局の方に聞くと「400個用意した配布用資料があっという間になくなった」とのこと。防災に対する関心の高まりを感じました。同時に、避難所となる小学校の設備や広さの限界も感じます。おそらくこの日参加された方々はもしも地震が発生したときに避難を必要とする方々のほんの一部なのです。そう考えると避難所として解放できる場所をもっと増やす必要があるのではないかと感じました。
[PR]
by terukaneko | 2011-08-29 08:56 | Comments(0)

動画で見る炉心溶融

独立行政法人・原子力安全基盤機構が事故前に、原子力防災専門官向け資料として作成していた、炉心溶融のシミュレーション画像だそうです。

http://ow.ly/6bhOv
[PR]
by terukaneko | 2011-08-26 09:23 | Comments(0)

原発輸出 承認を断念!

 昨日の夕方、千駄木駅前でこの間で3回目の原発撤退署名を呼びかけました。40分ほどで20筆の署名が寄せられました。8/22付の毎日新聞の世論調査結果でも8割を超える方々が撤退・縮小を求めていることがわかります。そうした事実提供型の訴えをやってみました。
 7時までの予定でしたが、6時半をすぎるとすっかり暗くなってしまったので宣伝は終了。参加した方々と反応を出し合いました。「気仙沼出身です」「実家が広島です」と、いくつかの反応がありました。街頭署名この時間で20筆は大変な反応だと思います。原発撤退への具体的な行動を政府はすすめるべきです。そしてこの世論を政治はしっかり受け止める必要があります。

 今朝の「しんぶん赤旗」日刊紙1面では、中東のヨルダンへの原発輸出を促進するための「原子力協定」を今国会で承認できないことになったことが報道されています。福島の原発事故が未だに収束できない中で、原発を海外に持ち出すことなど到底許されるはずがありません。26日の採決を民主・自民・公明の三党が主張し、昨日までは「原子力協定」は承認されると見られていました。「しんぶん赤旗」は反対論を展開するとともに、笠井あきら衆院議員(比例・東京ブロック選出)が衆院理事懇談会で採決反対しを主張していました。私も昨日の会議でこのことを紹介したばかりだったので、この展開は驚きです。政府・民主党がいかに道理のないことを行っているかの象徴ではないでしょうか。
 原発輸出を認めない論陣をはってきた「しんぶん赤旗」日刊紙。ぜひお読みください。
 8/24付 「しんぶん赤旗日刊紙」主張(他紙で言えば社説に相当するもの)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-24/2011082401_05_1.html

 昨日、「初めてしんぶん赤旗を読みたい」を申し込みがありました。うれしいことです!
[PR]
by terukaneko | 2011-08-26 09:10 | Comments(0)

再び石巻で支援活動

 5日、6日の二日間、再び石巻へ行き、救援活動を行ってきました。食品や衣類、カンパ等を提供してくださった皆様に感謝申し上げます。文京地区委員会として三度目の支援活動では、石巻市門脇の西光寺墓地での瓦礫や漂着物の撤去作業に取り組みました。墓石が散乱した上、カロート(屍櫃)がむき出しになった墓地には日本製紙の工場から津波でパルプの原材料が流れつき、ヘドロもたまっています。石巻市の中心市街地を襲った津波が住宅などを襲い、すべてを破壊しつくし、山際の墓地に繰り返し打ち付けたものと思われます。作業はそれらを土嚢袋につめ、手渡しリレーで重機が入れる道路沿いまでの搬出です。骨壷を納めるカロートからもヘドロやパルプを取り除き骨壷を納めなおす作業もありました。六月に支援活動に参加した時に行われていた自衛隊やダンプカーが頻繁に動いての瓦礫の撤去作業は、現在行われていません。重機の使用が難しい墓地の片付け作業を「何とかしたい」と寺側から党の支援センターに依頼があり、のべ千人がこの作業に参加したそうです。このように、通り一辺倒の支援では手の届かない課題が沢山あることを痛感しました。
b0207693_1704670.jpg
 
[PR]
by terukaneko | 2011-08-25 17:01 | Comments(0)

絶対高さ制限 この案でまちはどうなるのか

18日、区が発表した建物の「絶対高さ制限」案について学習会を開催しました。講師の小林良雄さん(一級建築士・新建築家技術者集団全国幹事)は街で生活している目線から考えると、区の案は「全体として高め」だと指摘し、区が文京の魅力として指摘している「豊かな緑と変化に富んだ地形のなかに歴史と文化が香るまち」という特徴が「実現できるのか」と問題提起されました。
不忍通りや本郷通り沿いで最高四七mまで建築可能とする区案は、主に容積率や建ぺい率といった数値的基準から算出されています。坂や寺社・公園の緑地・路地などを生かした風情ある街並みは誰もが愛着を持ち、住環境とともに観光資源としての要素も持っています。今より高い建物をみとめれば、街の「風景」を一辺させてしまう恐れもあります。景観に対して「絶対高さ制限」がどのような影響を与えるのかの検討も必要です。
イギリスやドイツでは高度経済成長と人口増の時代の「開発型」のまちづくりから転換し、建物を縮減し「減築」を誘導することで緑地や水辺を回復させる手法も取り入れています。これらの事例にも学んで文京区の町ごとにふさわしい高さ制限を設定することが必要ではないでしょうか。
■質問・意見(一部)を紹介します
●区は地域ごとに「高さ制限」の数値を色分けした平面図だけで示しているが、模型や映像も示してわかり易くして欲しい。
●現在ある建物を考慮しすぎではないか。高さ制限導入後、既存不適格(高さ制限違反)になる場合は、その高さで1回だけ建替も認める特例があるそうだが、建築基準法との関係は?

More
[PR]
by terukaneko | 2011-08-25 16:47 | Comments(2)

絶対高さ制限案の学習会

ご案内 まちづくり学習会~文京区の「絶対高さ制限案」について考える

 文京区が7月11日に都市計画審議会で第一次素案を発表しています。
「この高さ制限は高すぎないか」「高層建築の誘導にならないか」「良好な住環境や景観を守り、近隣紛争は防止できるか」などさまざまな声が寄せられています。

 素案について専門家に分析をお願いしています。是非、ご参加ください。

 と き 8月18日(木)18時30分~
 会 場 アカデミー文京・学習室(シビックセンター地下1階)
 講 師 小林良雄さん 地域空間研究所・1級建築士
 資料代 200円
[PR]
by terukaneko | 2011-08-17 16:21 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧