日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2011年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

区長に申し入れ

 震災と原発事故で区民の皆さんから様々な要望が寄せられています。4月7日、日本共産党文京区議団、小竹ひろ子前都議らと一緒に区長に対して申し入れを行いました。
 家屋の修復再建への区の補助や営業停止中の銭湯「山の湯」再建への支援を求めました。また、被災者への避難住宅を提供に関し、東京都が当初600戸の公営住宅を提供したことについて話題になりました。区独自には「9戸」の住宅を提供しているそうです。いずれにしても首都の持っている力に見合った支援とは到底いえないでしょう。
 旅館組合では被災者受け入れを検討し区に対し「受け入れ可能」との意思を表明しているそうです。ところが、旅館提供を実施するか否かについて東京都からの「返答が無い」ということで実現に至っていないそうです。文京区の旅館は修学旅行などがキャンセルになり大変な状態の中、こうした決断をしているのです。以前、本郷で仕事をしていたとき、本郷三丁目駅で東北訛りの修学旅行生を何度も見かけました。この地域の旅館は上野駅にも近いこともあって、歴史的にも東北地方と縁が深いそうです。なればこその決断だと思われます。
 こうした積極的な思いを区がしっかりと受け止めて、区独自にでも被災者支援を推進することが必要ではないでしょうか。緊急を要することでもあります。費用は国や東電に後から請求してでも区の対応が求められているのではないでしょうか。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-09 09:26 | Comments(0)

よみせ通り商店街

 お知らせ

 突然ですが、本日4/8(金)午後3時~4時 千駄木三丁目のよみせ通り商店街で街頭宣伝を行います。都知事選の法定ビラを配布しながらメガホンなどでビラの内容についてお話したいと思います。
 この法定ビラにはこの地域で雑誌出版をされてきた森まゆみさんもがメッセージを寄せています。多くの方々に呼んでもらいたいビラです。
 ちなみにこの法定ビラの配布やメガホンでの宣伝は自由に行うことが出来るのです。
 よみせ通りは台東区との区界でもあります。台東区議の茂木さんと合同での宣伝です。ビラの配布など協力していただける方は現地にお集まりください。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-08 14:23 | Comments(0)

小竹ひろ子さん

 4月24日の文京区長選挙に小竹ひろ子さんが無所属で立候補されることになりました。今回は「明るい文京区政をつくる会」のみなさんと一緒に選挙をたたかいます。
 小竹さんは前都議で区議会議員も6期勤められた方です。1995年の阪神大震災の現地調査を通じて、区内施設の耐震補強工事を提案し実現させたり、2004年の中越震災では現地に救援物資を現地に運び防災・震災対策、救援活動の先頭に立って活躍されてきました。子どもの医療費無料化の都議選での公約も実現させ子育て世代のみなさんに大変喜ばれています。
 昨日、記者会見で小竹候補は、「区民の暮らしや福祉を守る区政にしたい。特に個人住宅の耐震には金銭的な援助も考えている」と述べ決意を語っています。小竹ひろ子区政実現にむけて私も頑張ります。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-08 14:14 | Comments(0)

吉井英勝さん

 昨日の衆議院委員会質疑の様子が国会のHPで視聴できます。40分ほど掛かりますがぜひご覧ください。吉井議員は、地震と津波による全電源喪失と炉心溶融について、国会で何度も取り上げてきたきました。経済産業省、原子力安全・保安院、原子力安全委員会の対応をただしています。昨晩、見始めたら一気に見てしまいました。大学では原子力工学を専攻された吉井さん。冷静な質疑が委員会室の空気を緊張させ、「そのとき」の対応を一つづつ明らかにしてゆきます。
 吉井さんは都議選のとき応援にきてくれ、小竹ひろ子さんの宣伝カーに乗車して、車が走行中にも上半身を乗り出して熱烈に訴えていたのが印象的でした。

 衆議院TV⇒http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
 「経済産業委員会」をクリックしてください。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-07 09:57 | Comments(0)

区民に必要不可欠な施設

 自治体が住民のために提供する「必要不可欠な」施設やサービスは様々ありますが、銭湯(公衆浴場)もその一つです。区は「公衆浴場確保のための特別措置法」に基づき、「公衆衛生上、区民に必要不可欠な施設である公衆浴場の経営の安定と確保を図る」ために施設整備について以下のような助成を行っているそうです。

◎建替等の設備改善
 1000万円を限度とする借入金の利子の一部補助

◎元釜、空調設備等の取替
 元釜、空調器等に各100万円

◎燃料を都市ガス等クリーンエネルギーに転換
 改修費用200万円(別に都の補助二百万円)

◎煙突等の小規模改修補助
 100万円

 とりわけ山の湯はこの地域で最後の営業している唯一の銭湯なのです。地震という天災をきっかけに無くしてしまうわけにはゆかないのではないでしょうか。これはそもそも地震被害をどのように捉えるのかということを行政や議会に問いかけていると思います。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-07 09:45 | Comments(0)

山の湯存続を! 1059筆の署名を区へ提出 その2

 申し入れには保健衛生部長と生活衛生課長らに対応していただきました。生活衛生課長は、短期間に集まった千筆を超える署名を重く受け止め、山の湯の経営者と同時に所有者側にも公衆浴場の支援制度があることを知らせ、存続に向けて働きかけると答えました。
 区には「公衆衛生上、区民に必要不可欠な施設である公衆浴場の経営の安定と確保を図る」ことを目的として施設整備の補助制度があることから、区は制度を活用して銭湯の存続をさせるために思い切った支援を行うよう申し入れました。

 地域のみなさんと一緒に集めた署名は積み上げると4センチくらいになりました。
b0207693_92864.jpg


 申し入れには、いたくら美千代区議と金森久城元区議にも同席していただきました。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-07 09:30 | Comments(0)

山の湯存続を! 1059筆の署名を区へ提出

 根津の銭湯「山の湯」が今回の地震で煙突が損傷し「当分の間休業します」との掲示がされたままになっています。この間、地域の皆さんと一緒に、「山の湯の存続を求める要望書」の署名をお願いしてきました。今日のお昼までに1059筆の署名が寄せられ、本日、文京区へ提出してきました。
 区には公衆浴場支援のために、設備投資等の資金援助の制度があります。こうした制度を活用すれば銭湯の再建は可能になる条件があります。そもそもこうした支援制度は「区民が公衆浴場を利用する機会の確保を図り」「公衆衛生上、区民に必要不可欠な施設である公衆浴場の経営の安定と確保を図ること」が目的とされています。
 署名提出に参加した方からは「バスで往復30分もかけて大塚の銭湯に通っている人もいる。これじゃ体が冷えちまって『公衆衛生上』よくないんじゃないか」という意見や、「団子坂上の銭湯には高齢者が通えない。山の湯だったら介助してもらって銭湯に通えた高齢者もあきらめざるを得ない状況」と実態が次々と出されました。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-06 18:09 | Comments(0)

都が被災者に提供している住宅は600戸だけ

 これでは「国難」といえる震災に見合った被災者支援からはかけ離れています。この間、私たちが地域で被災者のご要望をうかがう中でお二人の被災者から相談を受けていることからもわかるように、東京には多くの自主的な避難者がいるものと思われます。東京は東北地方と地理的にも人的にもつながりが深い地域です。たとえば文京区議団6名のうち、こうだ区議は岩手県、高畑区議は山形県出身です。私の母も秋田県出身です。人的なつながりがあれば「救援支援したい」という思いも高まっていると思います。もっと踏み込んだ支援策を打ち出すべきではないでしょうか。
 北海道は1942戸、福岡県も679戸の住宅を提供するそうです。日本共産党都議団の調査では1万戸の都営住宅が空室だそうです。こうした住宅を今すぐ提供すべきです。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-05 13:15 | Comments(0)

新学期スタート目前 がんばれ!!

 区内に東日本大震災のため避難されている方から電話が掛かってきました。「直ぐに相談したい」とのことで、午後、面会しお話を伺いました。自宅が損傷したため以前、住んでいた文京区に帰ってきたとのこと。お子さんの学校や転入手続きの相談を受けました。議員団の力や関係者の対応も的確で、解決の道筋がつけられました。
 被災者は突然の生活の変化で、毎日大変な思いをされていることを肌身で感じました。夕方のニュースでは今回の地震で被災地から関東地方に転入した児童は2500人にのぼることが報道されていました。学校ではもう直ぐ新学期がスタートします。生活が一変する中、新しい学校での生活が始まります。今日出会ったのは2500人の中の一人ですが、楽しい学校生活をと祈らずには入られないという思いです。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-04 22:05 | Comments(0)

原発をどうするか!

ロイターがホームページ上で、
原発政策のついての個人アンケート調査を行っているそうです。

みなさん、ぜひご参加ください。

▼ロイターオンライン調査
政府のエネルギー基本計画では2030年までに14基以上の原発増設を目指している。
今回の原発事故を受けて、あなたの望む政策は。
(↓アンケートはホームページの右上にあります)

http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/japanquake
[PR]
by terukaneko | 2011-04-04 09:51 | Comments(1)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧