日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2011年 03月 ( 45 )   > この月の画像一覧

「応援団」さんへの返信

 3/17付「都区政報告会は中止します」への書き込みへの返信です。
 長くなってしまいましたので、こちらにアップします。

 貴重なご意見、ありがとうございます。今回の震災はこれまでに体験したことの無い規模で被害が発生していて、こうしたご意見を持つことはごく自然なことだと思います。医師である小池さんが被災に駆けつけることもご指摘の通りの意義を持つと思います。東北大出身の小池さんが被災地に救援に行くことも実際、検討されたし小池さん本人もそうした思いを持っていると聞き及んでいます。しかし、今のところ実現はしていません。
 今日から都知事選が告示されますが、今回の選挙戦はご指摘のような「思い」を考慮した丁寧な対応が必要になると思います。私たちはこのようなときに選挙戦は延期すべきだと考えており、各党にも申し入れましたが実現はしませんでした。おそらく選挙戦の中では従来のやり方は「自主規制」「自粛」する陣営が多くなることが予想されますが、それでいいのでしょうか?選挙を「パフォーマンス」と考えるのであれば、「自粛」に走り、そうした発想が出てくるのは当然のながれでしょう。しかし、選挙が行われる以上「選ぶ側の選択権」を尊重し、立候補している以上、その政見を堂々と有権者の前で訴えることが必要だと思います。それが、候補者を擁立している団体・推薦している政党の当然の責務ではないでしょうか。
 まったく新しい状況下での選挙ですので、こうした意見交換自体が貴重な世論形成の一端になると思います。ありがとうございました。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-24 08:50 | Comments(0)

被災地から進学予定の皆さんへ

 東北などの被災地から進学予定のみなさん、もしくは被災地出身で東京で学んでいる学生のみなさん。生活と経済状態が一変し、様々な困難にぶつかっていらっしゃるのではないかと思います。
 民青同盟のみなさんが「進学をあきらめざるを得ない」「入学手続きが出来ないで困っている」などの要望をあつめ、政府交渉を計画中です。
 今日もこれから大学周辺のアパートなど訪問して要望などを聞いて回る予定ですが、このブログも活用してぜひ要望をお聞かせください。

 terukaneko★excite.co.jp メールはこちらへ ★は@にしてください。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-22 12:42 | Comments(0)

小池あきらさん 都知事になったらこれをやる~都震災対策条例について

その③都震災対策条例について

 石原都政の下、都の震災対策の原則の第一は「自らの生命は自らで守る」という自己責任原則を基本とした「震災対策条例」に改悪されました。
 災害における弱者は高齢者、妊産婦、子どもです。石原都政の福祉切り捨てと防災対策軽視は一体のものであり「いのちを守る福祉・防災都市東京」への転換が必要です。
(美濃部都政時代には「地震は自然災害だが、地震による災害は人災だ」とした都震災予防条例(1971年制定)が作られていました。石原知事はこれを改悪したのです)

 ※3回にわたって小池候補の緊急政策を紹介しました。詳しくは小池あきらさんのHPをご覧ください。尚、見出しなどは金子が編集上の都合でつけたものです。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-22 09:55 | Comments(0)

小池あきらさん 都知事になったらこれをやる~原発事故対策

その②原発史上最悪の福島原子力発電所事故への緊急対策

▽ヨード剤の備蓄や放射線観測体制の強化などの緊急対策を
▽安全最優先の原子力行政に転換し、原発だのみから抜け出して再生可能な自然エネルギーでエネルギー自給自足の東京をめざす
[PR]
by terukaneko | 2011-03-22 09:46 | Comments(0)

小池あきらさん 都知事になったらこれをやる~震災救援を早く!

東京都知事選に出馬する小池あきら候補は19日「力を合わせて被災者を救援し、『いのちを守る福祉・防災都市 東京』をつくりましょう」を発表しました。

その① 首都東京の持つ力をすべて出し、救援・復興支援を推進し、都民のいのちと暮らしを守ろう

▽被災地にただちに救援物資を届ける
▽医師、看護師など医療救援チームの派遣を抜本的に強化する
▽活用可能な都営住宅1万戸をはじめ首都東京の持つ力を最大限、提供する
▽「計画停電」を行っている東京電力に対し、医療機関や介護施設などに最優先で電力供給させるよう強く求める
[PR]
by terukaneko | 2011-03-22 09:43 | Comments(0)

住宅などの被害修繕へのアドバイス

 「修繕をしたいけど費用などへの助成制度はないのか」という問い合わせが相次ぎました。文京区の制度で活用できそうな制度ご紹介します。詳しくは区役所にご相談ください。

①耐震診断・設計・改修助成制度~「屋根瓦を修繕するけど、この制度は使えるの?」
 この助成制度は住宅などの「耐震性」を向上させることが目的のため、屋根瓦のみの修繕工事では活用は難しいと思われます。但し、屋根瓦を含む住宅全体について工事を行い一定の「耐震基準」の向上を設計士などに証明してもらえば活用の可能性があります。4月からは65歳以上の方が居住する住宅への助成額が増額されることが決まっています。屋根瓦の修繕を含む耐震診断・設計・改修工事を実施しても助成額が引き上げられるため、実際の負担額は瓦の修繕工事のみの費用と比較しても大差が無いケースも出てくることが予想されます。
(区役所 地域整備課住環境整備担当 電話5803-1374)

②住宅修築資金融資あっせん
 住宅の修築のために、区などの審査を経て指定された信用金庫などから融資を受ける場合に低利で融資を受けることが出来ます。工事着工の前に区へ申請書類を提出することが必要です。尚、水害罹災による住宅の修築の場合は「特別融資」として更に低利で融資を行うしくみがあります。水害に準じて震災にもは適用されないか問い合わせましたが、「適用されません」との回答でした。(融資を受けられるのは20歳以上で70歳未満まで)
(区役所住宅課 電話5803-1238)
[PR]
by terukaneko | 2011-03-22 09:14 | Comments(0)

対話の中で…「石原知事はひどすぎる!!」

 午前中、あるお宅を訪問したら、「地震で水まわりが故障した。修理したけど、東北はもっと大変」とひとしきり震災をめぐって対話になりました。家族の介護のことも話題になりました。「医療費負担を減らしてや介護・福祉をもっと良くしてほしい」と訴えられました。別のところでは「石原知事はひどすぎる。自然災害を天罰とは何事か!小池さんには頑張ってほしい」という声も聞きました。
 日本共産党の志位委員長がいっせい地方選延期を各党に呼びかけたものの、結局、都知事選はスケジュールどおりに実施されることになりました。救援活動とあわせて、選挙が実施されるならば私たちも全力をつくして頑張ります。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-21 14:20 | Comments(0)

救援をはやく! 原発からの撤退の契機に

 東北関東大震災の被災地の皆さまに心からお見舞い申し上げます。巨大地震とこれまでの想定をはるかに上回る津波、そして原発事故などが重なり、一刻も早い救援活動が求められています。私もこれまで救援募金や地域の被害状況などをつかみ、区長や関係部署への申し入れを行うなどの取り組みをすすめてきました。
 昨日は子育て真っ最中の世代の方から「これを機にもう原発はつくらないで欲しい」と話しかけられました。日本のような地震国で電源を未完成の技術に依存しているのでは国民の生活と安全を確保することは出来ません。
 日本共産党は昨年の参議院政策の中で「エネルギー政策の重点を自然エネルギーの開発・利用へ転換」することを打ち出しています。(風力や太陽光・熱、地熱、小水力、波力や、あるいは畜産や林業など地域の産業とむすんだバイオマス・エネルギーなどは、まさに地域に固有のエネルギー源です)そして、原発からの計画的な撤退を提唱しています。
 国のエネルギー政策をこうした方向へ転換することが必要ですし、国民の合意も作れる環境になっていると思います。この方向が実現するよう力を尽くすことが政治に求められているのではないでしょうか。
 このようなときに日本経団連の米倉会長は今回の原発事故について「千年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと」と発言したそうです。新しいエネルギー政策と社会を作るうえでこうした発想をもつ経済人を説得しきる世論と運動、政治も又必要なのです。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-21 09:41 | Comments(0)

根津・千駄木の銭湯

 団子坂を台東区側に進んだところにある朝日湯(台東区内)さんも、地震以来営業をストップしているそうです。昨年末に谷中の初音湯さんも廃業され、不忍通りの沿いの根津・千駄木・弥生地域では銭湯が全部ストップしてしまいました。この地域では以前は銭湯が多く、お風呂の無いアパートなども結構あるのです。こうした状況の中で、山の湯さんや朝日湯さんはこの地域の銭湯を一手に担って頑張って営業されていただけに深刻な事態です。ちなみに私も時折、朝日湯や初音湯、17号線沿いの西片にあった鏡湯などに大変お世話になっていました。 とりわけ選挙のときなど、深夜までの業務がつづく時によく利用していました。
 「なんとか銭湯を再開できないか」という地域のみなさんの思いも募っています。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-19 09:31 | Comments(2)

できることは直ぐに

 千駄木駅で救援募金をよびかけました。「被災地救援募金へのご協力をおねがいします。お預かりした募金は日本共産党本部を通じて被災地へお届けします」と呼びかけました。1時間ほどで10,283円の募金を寄せていただきました。ありがとうございます。今、私たちに出来ることはこうした募金を呼びかけたり地域の被害状況の把握・回復に全力で取り組むことです。
 また原発の事故についての不安もひろがっています。原発の仕組みや事故の状況について把握し、不安を感じていらっしゃる方々の疑問に出来るだけ応えることも大事な活動です。昨日の午後は、専門家の講義を踏まえて、原発のしくみや事故についての学習も行いました。その後いくつか疑問もわいてきたので東大の原子力工学専攻の大学院生などにも問い合わせもしたりしました。
 また、医療関係者の話ではこの数日「なんとなく不安で受診に来ました」という方が続出しているそうです。不安を感じている方のところにいって、「話を聞く」「声を掛け合う」ことも大事なことです。
 民主医療機関連合に加盟している東京保健生協・根津診療所などからも被災地での医療活動支援に向かわれると聞き、私もたんすの中にしまってあった毛布を提供し届けてもらうことにしました。
b0207693_9585399.jpg

(写真は3/17 白山上にて)
[PR]
by terukaneko | 2011-03-19 09:25 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧