日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

約束が違うんじゃない~根津駅で

 24日、千代田線根津駅で消費税廃止各界連絡会のみなさんと一緒に宣伝を行いました。東京土建文京支部や文京民主商工会、新婦人や労働組合などのみなさんとの共同の宣伝です。チラシ入りのティッシュや消費税増税反対のスローガン入りのマスクを配布しました。
 自転車を止めて宣伝物を受け取ってくれた方が私に話しかけてくれました。「民主党は消費税は上げないといっていたのに約束がちがうんじゃない!おかしいよ」と。私は加えて「社会保障の財源を言うなら240兆円を超える内部留保をもっている大企業に応分の負担を政治がしっかり求めるべき」と伝えました。午後からは通常国会初日で、首相の演説が中継されました。首相は「必要な財源確保」のため消費税を真っ先にあげています。そして自民党や公明党との協議を通じて、新年の記者会見で述べたように「消費税増税に政治生命をかける」構えです。古い自民党政治を担った政党に頼りながらどうして「国民の生活第一」の政治ができるのでしょうか。民主党の「自民党化」も極まっています。
 私も区内の中小企業に勤務し総務部門で仕事をしていました。消費税が価格に転嫁することは大変難しく、消費税の納入時期には税額分を確保するのに、経営者と一緒に苦労を共有した経験があります。庶民や中小企業・業者に負担を強いる消費税に頼る政治から、大企業や大資産家に応分の負担を求める政治への転換が必要だと思います。
b0207693_104897.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-01-25 10:06 | Comments(0)

はしご

 夜、2つの新年会をはしごしました。日本共産党は政策への理解や支持を広げるのが仕事であることは間違いありませんが、それと同時に、それぞれの党員が生活している地域・職場・学校などでのお付き合いも大事にしています。飲み会なども嫌いではありませんし、会社員時代は残業後の「終電までの1時間限定飲み会」なんかもよくやっていました。日ごろ業務に忙殺されるだけの関係では何事もうまく行きません。そんな付き合いをしていた方たちとは今でもときどき連絡を取り合ったりしています。1つ目の新年会ではカラオケもあり、私も1曲披露…大学生の頃、1年先輩で卒業は同期のMさんがしょっちゅう歌っていて、耳について離れない曲を選択! 
 2つの新年会が終わって帰宅しようとすると、大学時代の先輩Tさんとばったり再会。東洋大の1年先輩でしたが卒業は同期。三軒目の新年会に行こうかと思いましたが時間も遅く今回は断念しました。
 このシーズンは私もいくつかの新年会にお邪魔してきました。会社員時代も共産党の仕事をするようになっても、どちらかというとこれまではこうした「会」を準備するのが私の仕事でした。ところが、今年からは立場が逆転しています。地域で様々な活動をしているAさんから、こうした季節の会にどのように参加したらよいのか「アドバイス」を貰いました。まだ「アドバイス」どおりとまではいきませんが、すごく役立っています。ありがとうございました。
[PR]
by terukaneko | 2011-01-22 10:25 | Comments(0)

公園で

 街頭宣伝をやっていたら公園のベンチで休憩していた方から「地域で共産党の人たちが頑張っているのはわかるけど、『共産党』って名前でだいぶ損しているんじゃない?」という日本共産党への質問を受けました。日本共産党の活動や今回の区議選での政策などは検討に値するし、支持してもいいけど、名前が中国と一緒だし、北朝鮮のやっていることなんか考えるとすんなり支持にならないわ…といった思いをお話してくださいました。加えて「たぶん、こうした質問は多いんでしょうけど、不破さんも変える気は無いといってましたね」と。昨年連載された不破哲三さんの半生をつづった読売新聞の連載を読まれたのでしょうか。
 「日本共産党」という名前について、心配や誤解される方の気持ちはよくわかります。旧ソ連や中国、北朝鮮の起こしている問題についての日本共産党の見解をもっとお伝えしなくてはならないと思います。そして、この党名は私も変える必要はないと思うのです。日本共産党は侵略戦争に一貫して反対した歴史を持っています。もちろん戦争に賛同せず、さまざまな抵抗をした国民がいたことも事実でしょう。しかし、政党組織として反対を貫いた歴史を持つのは日本共産党だけで、この歴史はこれからますます注目されることは間違いありません。
 近年、小林多喜二の「蟹工船」の売り上げが伸び、背景に貧困と格差の広がりがあることが指摘されていますが、この小説は日本共産党員の作家としての小林多喜二が戦前の労働者の実態告発と打開を呼びかける目的を持って執筆されたといわれています。今も同じ党名で、格差・貧困の打開を呼びかける日本共産党が同じ名前で活動していることは格差社会に苦しむ人々にとって大きな励ましにもなるのではないかと思うのです。
 地域で活動をしてゆく中で、日本共産党そのものへの理解を広げるのも私たちの仕事です。こうした質問や語らいの場も大歓迎です。ただ、夕方の公園での出来事で、ちょっと寒かったですね。話しかけてくれたAさん、Bさんも風邪など引かないように気をつけてくださいね。
[PR]
by terukaneko | 2011-01-22 09:56 | Comments(0)

新春のつどい、駅頭宣伝、共同印刷

 新春のつどいへのご参加ありがとうございました。私も現職の6名の区議の方たちと一緒に、新年の活動のなかで出会ったみなさんの声や願いを紹介しながら、ご挨拶させていただきました。
b0207693_849324.jpg

桂藤衛兵師匠の落語、そして笠井亮衆院議員の国政報告と続き、盛りだくさんの集いとなりました。桂藤衛兵師匠は白山出身で、かつて都知事選に立候補された三上満さんの教え子だそうです。
 さて、一夜明けて、今朝は千駄木駅で定例の朝宣のあと、共同印刷へ向かいました。文京区小石川に本社を置く共同印刷は昨年11月、270人の「希望退職」を行うと決定し、「退職勧奨」が社内で始まったからです。 会社の決定はあくまでも「希望退職」であり「募集期間」も設定されています。「希望」する人が「期間内」に応じるだけで良いはずです。しかし社内では「個人面談」が行われ、はっきりと「応募しません」と回答した労働者に対して「あなたの仕事はありません。新しい職場も見つけるのは困難です」「今回だけですよ。今後、退職条件はさがります」と事実上の「退職勧奨」が行われているのです。年明けには再び「応募しない」と言っている労働者に対して、「会社が契約する再就職支援会社に行ってください」と再び「退職勧奨」してきたそうです。これでは「退職強要」といわれても仕方ありません。 そもそも「希望退職」自体の合理性も検討する必要があります。年末の日本航空にしろ、日本の企業は簡単に解雇をしすぎます。整理解雇するには四つの要件(1.人員整理の必要性 2 解雇回避努力義務の履行  3 被解雇者選定の合理性  4 手続の妥当性→そのいずれが欠けても解雇権の濫用となり、 無効である)というルールがあるのです。これを無視しての一方的な「強要」は許されません。
 社内の実態を勇気をもって労働組合に告発された労働者がいます。この告発を受けて、文京春闘共闘会議や全印総連東京地連のみなさんが「退職強要撃退、辞めないための10カ条」をビラにして配布する宣伝が共同印刷門前で行われたのです。私も連帯してこの宣伝に参加させてもらいました。今朝はことのほか寒さが厳しい中でのビラ配りとなりましたが、出勤してくる労働者の皆さんは次々とビラを受け取り歩きながら読む姿もみられ、関心の高さを感じさせました。まだ、一人で悩んでいる方も多いと思います。今日、配布したチラシにあるように是非、労働組合に相談されることをお勧めします。

 文京春闘共闘会議 文京区西片1-17-4ハイツ西片602文京区労協内
               ℡3815-1558 Fax3813-6006 BCF06005@nifty.com
 全印総連東京地連 文京区春日2-24-11NRK春日ビル5F
               ℡3818-5125 Fax3818-5127  zni@mxz.mesh.ne.jp
[PR]
by terukaneko | 2011-01-21 10:20 | Comments(0)

新春のつどい

 先ほどまでアンケート結果をお知らせするチラシの配布や宣伝に出ていました。本日はこのあと新春のつどいが開催されます。衆院議員の笠井亮さんと私も含めて区議予定候補が勢ぞろいします。ぜひご参加ください。会場でお待ちしております。

 ☆新春のつどい 1/20(木)午後6時半~ 文京区民センター3Aにて
                     
                  主催 日本共産党文京地区委員会
[PR]
by terukaneko | 2011-01-20 17:21 | Comments(0)

職人の技 復活!

 数年前に故障して使っていなかった祖父の遺品の腕時計。立ち寄った時計店で見てもらったらなんと針が再び動き出したではありませんか!「職人だからね。動かなくなったものをどうやったら動くか考えながらいろいろやっているんだよ…」といいながら10分ほどで修理完了です。これで演説時間など確認ができるようになりました。ありがとうございます。
b0207693_9405491.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-01-20 09:43 | Comments(0)

駅頭宣伝で

 いつもビラを受け取ってくれる学生さんがいます。駅頭の雑踏の中で、今日はビラをわざわざ受け取りに来てくれました。なんとなく愛嬌のある顔が印象的で、10月に宣伝を始めたときから毎回受け取ってくれます。いつもありがとう!通学の時間帯、この時期は試験シーズンですよね。今日は「体調に気をつけて、頑張ってください」とエールも送りました。
 私も中学・高校時代は毎回の中間・期末試験がしんどくて、大学に入学したときはほっとしたものでした。ところが最近、大学に入っても本格的に「学び」に向き合えない状況があります。学費確保のためのアルバイト、や就活の早期化、それらを学業と両立させなければというプレッシャー‥。こうした学生時代を潜り抜けて社会に第一歩を踏み出すときに、失業を待ち構えている社会はやっぱりおかしいと思います。
 政治の役割が問われています。
[PR]
by terukaneko | 2011-01-19 18:39 | Comments(0)

卓球を楽しむ会

 好評だった「卓球を楽しむ会」の第2回目を開催いたします。「今度はあの人と試合をしたい」「あのコーチにまた教えて欲しい」などの声も寄せられています。初めての方もお気軽にご参加ください。

日時:1/27(木)午後6時半~8時半 
会場:アカデミー向丘1F(向丘2-5-7) ℡3813-7801参加費:500円(学生250円)
【主催】卓球を楽しむ会・文京区日本共産党後援会申込み・問合せ ℡3815-9301まで
[PR]
by terukaneko | 2011-01-19 11:49 | Comments(0)

文京区へ緊急の申し入れ

私と日本共産党文京区議団18日、文京区に対して11項目の緊急申し入れを行いました。昨年秋から区議団が実施し約千人の方から回答を頂いた区民アンケートで寄せられた声を踏まえての申し入れです。
「生活が苦しくなった」直近の集計では59%にのぼり、生活が苦しくなった理由には収入減、教育費・生活費の負担増などがあげられています。年始のあいさつ回りの中でも「介護サービスをもっと充実して欲しい」「文京区は福祉に冷たい」といった声が寄せられています。こうした皆さんから寄せられた声を直接、区へ伝えてきました。

■申し入れ内容
①特養ホームの早期増設を
②さらなる認可保育園、育成室の増設を
③学校施設は一気に改修を
④国保料値上げは引き下げ、資格証の発行はやめること
⑤物品調達・区施設建設は区内発注を徹底し中小零細業者支援を
⑥春日・後楽園駅前再開発事業は周知徹底と意見聴取を
⑦区内共通買い物券の発行を
⑧図書館の改修・向丘、白山一、二丁目地域への増設を
⑨コミュニティーバス・B-ぐるの運行時間延長を
⑩駅前・区民施設の喫煙所の見直しを
⑪少年サッカーの練習場確保(東京国体のため来年度まで使用できない小石川運動場の代替地の情報提供を)
b0207693_1146395.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-01-19 11:46 | Comments(0)

85億円!?

根津や汐見、向丘をはじめ、9つあった出張所や17ヵ所あった寿会館・お風呂を全廃してきた文京区。地域の方から「銭湯の廃業が続き、営業を続けている銭湯は盛況で混雑しているので、寿会館のお風呂は貴重だった。再開できないのでしょうか」といった声が寄せられています。更に施設の管理を民間の会社に任せる指定管理者制度を福祉・教育の事業に広げ、スポーツ施設や図書館がこの四年間に民間会社に丸投げされてきました。区民サービスを「削(けず)り」ためこんだ税金は4年間で114億円増え、年度末には518億円になる見込みです。区民サービスの低下を憂う声が党文京区議団の区民アンケートにも寄せられています。
 この間文京区は茗荷谷駅前、後楽2丁目東地区・西地区の三つの大型開発に区民の貴重な税金85億円をつぎこみました。最近完成した再開発のマンションは、2DK73㎡で家賃は月額33万円となっています。一般区民は入れず、これでは多額の税金を投入した意味が問われます。
 区民の暮し向きが大変な今こそ、大切な税金を区民のくらしのために使うべきではないでしょうか。日本共産党は、みなさんと力を合わせ、くらし第一の区政をつくるため、がんばります。
b0207693_9155137.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-01-17 09:16 | Comments(0)



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧