日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

歩道は安全で歩きやすく! 日医大前通り「無電柱化」へ 根津神社参道でも住民の願いに応え都の「無電柱化事業」活用を

今年度から東京都の「無電柱化事業」が始まり、都道だけでなく、区が管理する区道の「無電柱化」に対しても都の新たな財政支援が行われます。

区道の日医大前通り(根津神社裏門坂)で無電柱化含む道路整備が今年度から始まるにあたり、金子区議は3月の建設委員会で都の新たな財政支援活用を求め、区は活用に向け都へ働きかけていることを明らかにしました。

更に、金子区議は同委員会で住民の要望・合意を基礎に電柱撤去を始めとする道路整備を行うよう求め「無電柱化」の要望が出ているところは、都の新たな財政支援が始まったことをとらえ積極的に活用することや不忍通り歩道の「無電柱化」は安全・防災・景観・観光の視点で拡幅とは別にして電柱撤去を最優先にするよう求めました。

区道・巻石通り(小日向・水道の1.4㌔の区間)の狭い歩道の改善等の事業では、都の「無電柱化」が活用されます。背景には区が実施した住民アンケート(回答約5百人)で約3割が「無電柱化」を望んでいることがあります。

根津神社参道(S坂下~不忍通り)についても区の道路整備の説明会(3月)で「電柱撤去」の声が出されており、こうした声に区が応えることが必要です。

また、不忍通りについて区は「従前から電柱が歩行空間の邪魔になっているということで、早期に無電柱化等進め、歩行空間の確保を図って頂きたいというふうに要望は繰り返ししている」と答弁しました。

不忍通りや根津神社周辺でも「安全で歩きやすく」の願いは切実です。日本共産党は地域の皆さんの願いに応え、都・区政通じ全力で頑張ります。


b0207693_20303779.jpg
b0207693_20295465.jpg
   (千駄木2丁目の不忍通りの様子)



[PR]
by terukaneko | 2017-05-16 20:33 | Comments(0)
<< 就学援助「入学用品費」の入学前... 不忍通りふれあい館 いっぱいに... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧