日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

文京の保育 平成29年度保育園入所状況審議通じて「待機児ゼロ」を提起!

区は2月22日の子ども子育て特別委員会で平成29年4月入所の認可保育園入園申し込み状況を報告しました。
 保育園に入れないことを通知する「不承諾通知」は昨年を2人上回る981人に発送したことが明らかとなり、不承諾となった子どもと家族にとって極めて厳しい状況です。党区議団は委員会で待機児解消を求め、提案を含めた論戦となりました。


党区議団は「不承諾通知」は児童福祉法24条1項を示し、「不承諾」は自治体の保育実施義務を果たさない「違法状態」を宣言するものとの立場から質疑を行いました。区側は「厳しい状況」というもの前年の待機児数699人(認可外保育所利用者含む)を超過することが確実な事態に待機解消見通す対策が打てない状況です。
 私は育児休業期間が会社の規定で「満了」となった場合、「当然退職」になる「規定」をもち社員に説明している認可園希望者の事例を紹介。「当然退職」とは聴きなれない言葉だったのですが、傷病休暇の期間満了で雇用契約が終了になることを「当然退職」といっていることがわかりました。「妊娠、出産は“病気”ではなく、このような規定で事実上の解雇の瀬戸際に申込者がある実態を指摘しました。
 このような「規定」は問題ですが、児童福祉法24条1項違反の「不承諾」が引き金となって事実上解雇される実態こそ「厳しい」といわねばなりません。
 この質疑の中で、保育園に入園できず親が「解雇」されるケースが昨年もあったことを区は認め、改めて深刻な事態が常態化していることを示唆しました。私は入所の可否で「職を失う」瀬戸際にある入所希望者の数や退職に追いやられた実態を公表するよう強く求めました。

★待機児解消へ区の取り組みの前倒し・拡充を

 党区議団は区がすでに明らかにしている平成30年度新設予定の3園の前倒し開園、都有地活用で区立含む認可園の新設や、党都議団の提起が実った都の保育園新設促進税制(用地貸出の際、固定資産税減免)の活用を始めあらゆる対策を求めました。質疑の中で区が全小中学校の校庭活用での保育所開設の可能性について検討していることも明らかにさせました。(校庭活用は一見して現実的に無理なところも多いですが中には可能なところもあるということです。また、学校関係者の理解も必要でしょう)


★就学前人口5割超の認可園定員確保を!
 待機児が解消できない要因の一つに保育ニーズを過少に見積もっていることがあります。区の子育て支援計画で「保育ニーズ」は「保育利用児童数+待機児」で捕捉しますが「待機児」から認可外保育利用の児童数が除外されています。
 認可園より設置基準などが緩和され「質」の面で課題のある保育を利用せざるを得ない子どもたちを計画の上では最初から認可保育のニーズに算定していないのです。認可外保育所利用者の殆どが「不承諾通知」を受けており、「保育ニーズ」であるこは区も補足しているにも関わらずです。
 認可外保育利用している子どもの保育利用ニーズを「待機児」にカウントしないのは国の指導なのか、区の判断なのかと問いましたが明確な答弁はありませんでした。少なくとも「待機児」から「認可外保育利用者を除外する」よう求める国の指針などは無いようです。つまり区の判断で本来の待機児を「ニーズ」と捕捉できるはずです。
 私は待機児が深刻な1・2歳児の保育利用意向率は区の示す50.8%でなく58.6%だと独自に計算した数値も示し抜本策を急ぐよう求めました。


★認可保育園申し込み状況(速報値)
      平成29年度 平成28年度
入園募集数  1123人   1076人
入園応募数  1886人   1697人
入園内定数  1133人   1058人
不承諾通知   981人    979人
※不承諾数には転園等が含まれます。

b0207693_10532641.jpg
22日の夕方、保育問題で質疑を終えて根津駅までで福手ゆう子区議とともに待機児解消など求める日本共産党の政策を大いに訴えました。



[PR]
by terukaneko | 2017-02-26 10:51 | Comments(0)
<< 入札の「適正性」の証明 津軽三味線 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧