日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

就学援助「新入学用品費」は入学式より前に支給を! 区が「検討」を表明

 党区議団は国府田区議が11月25日に本会議で質問し、経済的に苦しい家庭の小中学生の学用品等を補助する「就学援助」のうち新入学用品費の支給時期の前倒しを求めました。

 就学援助は教育の機会均等を定める憲法26条を具体化する制度で生活保護世帯の子どもと生活保護と次いで困窮する世帯の子ども約1千人が利用しています。12ある援助費目のうち小1と中1生が使う「新入学用品費」は現在6~7月に支給されており、ランドセルや制服の購入し入学を実際に準備する時期に間に合っていません。


★9月議会と11月議会で粘り強く論戦 区の態度に変化

 9月議会では党区議団の本会議質問で「3月までに支給を」と前倒し支給を求め、文教委員会で福手ゆう子区議が、決算委員会で金子区議が、文科省の「児童が援助を必要とする時期に速やかに支給することができるよう十分配慮する」よう通知し、板橋や八王子では3月支給している事実を示し、区の「前年所得が確定してから」(所得確定は6月頃)支給決定するので「前倒し」は「困難」との主張は成り立たず、経済的困難を抱える子どもの実態に立って「前倒し」支給するよう繰り返し求めていました。 
 11月議会で国府田区議の質問に区長は「支給時期につきましては文科省通知や他区の状況を踏まえ」検討していることを明らかにしました。党区議団は更に平成29年度の新入生から「前倒し」支給されるよう求めていきます。


[PR]
by terukaneko | 2016-12-01 15:01 | Comments(0)
<< 経済的格差の連鎖で子どもの未来... 福手ゆう子都議予定候補・区議と... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧