日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

小竹都議から福手ゆう子都議予定候補へバトンタッチ目指して 始動!

 来年6月の都議選に向け、記者会見の翌日、早速、小竹都議と後援会員の方など訪問して都政・区政のご報告をしました。会えたところでは「しんぶん赤旗」の購読も約束をしてもらうこともできました。
 今回、勇退する小竹都議は、豊洲問題やオリンピック施設の問題で議会審議を控えており、時間を見ては書類に眼を通しながら大忙しの1日でした。今日訪問した地域は小竹さんが区議時代、相談活動などでゆかりの深い地域でした。小竹さんが故川越すずの区議の後継者として区政に挑戦した時代のことなど話に花が咲きます。
 バトンタッチに挑戦する福手ゆう子さんのことを紹介すると「若い人に頑張ってほしですね」「女性の後継者へなんとしてもバトンタッチを成功させたいね」
など、声が寄せられました。
 定数2の文京で勝利することの厳しさは私たちはもちろん、他党派の関係者も誰でもよく知っています。ある関係者から「いい決断ですね。頑張って」と激励の声がかかりました。
 日本共産党は一致する点を大事に、都議選でも豊洲問題を引き起こし石原都政から続く大型開発を続け、福祉きりすててきた都政転換へ全力で頑張ります。
 
☆福手ゆう子 都議予定候補・区議会議員のプロフィール
 1977年 岐阜県美並町(現・郡上市)出身 名古屋外国語大学中国語学科卒業後、映画製作の現場(映画「伊能忠敬-子午線の夢」など)で働く。映画の仕事がないときはアルバイトの掛け持ち生活、2006年東京保健生協に就職、2014年、日本共産党文京地区委員会勤務、2015年、文京区議初当選。文京区本駒込6丁目在住、家族、夫。

[PR]
by terukaneko | 2016-11-13 07:53 | Comments(0)
<< 11月区議会がもうすぐはじまります! 2016都議選、文京2人区の福... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧