日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

文京区議会「安全保障関連法の廃止を求める要望書」を送付

 本日、文案のまとまった要望書。文京平和委員会の提出した安保法制の廃止求める請願が採択されたことを受け要望書が取りまとめられました。
 20万人区民の世論を公式に代表する区議会の要望書として、安保法制廃止の運動に取り組んでいる方々や、懸念・不安を抱いている多くの人々を激励する大きな意義を持っているのではないでしょうか。全文を紹介します。

安全保障関連法の廃止を求める要望書
 平成27年9月19日、集団的自衛権の行使容認を柱とした安全保障関連法(安保法制)が、参議院本会議で可決されました。
 この安保法制の成立に当たっては、二つの大きな懸念があります。
 第一にこの法制は、戦力の不保持や交戦権否認を明記した憲法第9条に違反して、海外での武力行使を可能にするとも考えられます。すなわち、(1)自衛隊が海外の戦闘地域にまで行って外国の軍隊への後方支援をすること、(2)紛争地の治安維持活動などに参加し、武器が使用できるようになること、(3)集団的自衛権を発動し、他国の戦争にも武力を行使すると考えられ、これらはこれまでの日本政府が取っていた「専守防衛」の安保政策での大きな転換を意味します。
 第二にこの法制は、多くの憲法学者や、内閣法制局長官、最高裁判事経験者が違憲性を指摘しています。また、国会における政府の説明は極めて不十分のまま、審議を尽さずに国民の大きな反対を無視して強行採決されたことは、重大で決して看過できないものであり、立憲主義に反するとの多くの意見もあります。
 よって、文京区議会は、政府及び国会に対し、「安全保障関連法」を廃止するよう要望します。
                                         平成27年12月22日

                                  文京区議会議長 白石 英行

内閣総理大臣 安倍 晋三 様
外務大臣    岸田 文雄 様
防衛大臣    中谷 元  様
衆議院議長  大島 理森 様
参議院議長  山崎 正昭 様
[PR]
by terukaneko | 2015-12-22 23:38 | Comments(0)
<< 「白ガス管」区内道路に1480カ所 文京区の公衆浴場は7か所に…国... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧