日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

鎮魂の碑

 文京区の東京ドーム敷地内には鎮魂の碑という記念碑があります。これは第2次世界大戦の犠牲となったプロ野球選手の慰霊碑であり昭和56年の設置されたものです。碑には下田武三さんという当時のプロ野球コミッショナーの名前が刻まれています。下田武三氏は戦前、外務省の条約局でポツダム宣言の翻訳をした方だそうです。また1954年6月3日に、衆院外務委員会で「集団的自衛権は、自分の国が攻撃されていないのに、他の締約国が攻撃された場合に、自分の国が攻撃されたと同様にみなして、自衛の名において行動すること…憲法で認められた範囲は、日本自身に対する直接の攻撃、急迫した攻撃の危険のない以上は自衛権の名において発動しない」と答弁したことでも知られています。
 今の「戦争法」をつくるような暴走政治の中、思い起こさなければならない慰霊碑です。
b0207693_14330910.jpg

[PR]
by terukaneko | 2015-12-17 15:21 | Comments(0)
<< 文京区の公衆浴場は7か所に…国... 小竹ひろ子都議が、入浴券の隣接... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧