日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

学校図書館に司書が配置されます

 日本共産党区議団が16年前から提案し、予算審議の際には予算の修正提案も行って実現を求めてきた学校図書室への司書配置。新年度から区立図書館の管理を受託する企業からの派遣が拡充し前進することになります。

 学校図書館は教科の勉強を通じて芽生えた関心や好奇心を受けとめ、自主的な学びの場となることから、司書の役割と配置が決定的です。区では平成24年から区立図書館からの司書派遣が開始されましたが、30ある小中学校のうち15の学校に留まっていました。
 私は11日の予算委員会で一校当たり週4日(1日4時間)の司書派遣が、区立図書館のスタッフとは別に確保した30人の司書有資格者(司書補含む)によって実施されると確認するともに、昨年6月に国会で学校図書館法が全会一致で成立した際、衆参の附帯決議が自治体に学校司書の継続的・安定的勤務条件の整備を求めていることからも、今後は派遣でなく、区による司書の直接雇用につなげるよう提案しました。

 尚、予算委員会の場では今回派遣される司書(司書補含む)は学校図書館法6条の学校司書には当たらないとの答弁でした。国会で全会一致できまった法律なのにもかかわらず、法に則った実施が文京ではされないのは区の子育て・教育についての姿勢が問われると思います。
[PR]
by terukaneko | 2015-03-22 10:41 | Comments(0)
<< 予算修正提案を審議 向丘地域活動センター移転後の跡... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧