日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

不忍通り 安全で歩きやすく 危険な電柱は早期移設へ都との交渉を表明

★見通し悪いカーブや極端に狭い箇所等、部分的撤去・移設へ…区は都と交渉を


●25
日の建設委員会で党区議団のこうだ委員は「団子坂下から道灌山下方面へ向かう歩道はカーブによって見通しが悪い箇所があり、そこでも電柱が歩道の真ん中に立っている」と提起しました。

●区側は「拡幅工事の計画があり、その後に…」電柱撤去に着手するという従来の方針を述べましたが、千駄木駅の道灌山下側出口付近では朝の通勤・通学時に歩道の真ん中の電柱付近で通行人同士が衝突し喧嘩も起きていると実態を伝え、まずは危険性の高い箇所での電柱の部分的な撤去を強く求めました。

●区側は、1月29日に歩道の写真を用意して、都第六建設事務所に出向き協議したことを明らかにし「電柱の部分的な移設ができるよう都と交渉します」と答弁しました。

私は建設委員会での答弁も生かし、住民の皆さんと共に引き続き歩道の電柱撤去・移設による安全対策もとめて頑張ります

写真)道灌山下手前の見通しの悪いカーブの真ん中に電柱が。直進車が左車線に車線変更してくるため自転車が車道に出るのはとても危険。(2014年11月頃撮影)


b0207693_19525216.jpg


[PR]
by terukaneko | 2015-03-01 19:57 | Comments(0)
<< 認可保育園 入園不承諾通知616人 予算委員会の準備 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧