日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

認可保育園に入りたい 区立441人超 私立127人超 の事態!

認可園待機児ゼロは子育て世代にとって切実な願いです。このブログでもたびたび取り上げてきました。「職場復帰がかかっている」「保育園に預けて仕事をしないといけない」といった相談がある度に痛感します。
平成27年度の認可園申込で定員超過は、2月1日時点で、区立園の0~5歳児441人、私立園の0~1歳児127人でした。
 私立園の2~5歳時では定員に計146人の余裕があり、区立園に入れない441人の子どものうち、146人が私立園へ入園すると仮定しても、295人が認可園に入れないのです。
 区内の認証保育園の定員数を差し引いても、昨年度は最終的に、どの保育も受けられない子どもが104人だった事態はさらに深刻さが増しているという状況です。
 かつて、石原都政の時代、東京では認証保育園の増設で待機児を解消させようという動きがありました。私の娘も認証認証保育園で預かっていただいたことがあります。あの東日本大震災の日も認証保育園で夕方まで預かってもらい本当にお世話になりました。しかし、結局、保育料が高い上に、保育の質の点では認可保育園には及びません。私たち日本共産党区議団の繰り返しの提案で、認可園増設へ都も区も方針を転換しています。港区では区立保育園の増設に踏み出しています。
 こうした保育園増設の流れが変化したのは、子どもたちが思い切って遊べる園庭や夏はプールのある、保育の質が確保された認可保育園を求める区民の声と議会での提案が相まってのことです。
 私立園誘致に加え、622億円ものためこみ金の還元で園庭やプールのある区立園を文京でも増やすため全力で頑張ります。


[PR]
by terukaneko | 2015-02-20 14:21 | Comments(0)
<< 予算委員会の準備 政府補正予算による「新交付金」... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧