日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

いままでは自民党だったけど…

 今週のしんぶん赤旗日曜版では新潟の元自民党市議だった方が登場しています。消費税増税の一方、社会保障改悪が連続し「慙愧にたえません」とコメントされています。今の自民党の政権は歴史を偽造し沖縄県知事との面会しないなど、民主主義を理解しません。明らかに今までの自民党と異なる状況です。今まで自民党を支持してきた方々の中でも、私たち日本共産党と一致し、場合によっては支持を表明してくださる方がでている、という記事です。
 私もこの間、地域の挨拶まわりをする中で、同じような思いを持っている方に会ってきました。「私は自民党の有名な幹部と知人だが、年末の総選挙の際、秘密保護法や集団的自衛権の問題で共産党にがんばって欲しいと思い赤旗を読み始めた」という方。「安倍政権はほんとに危険。日本の侵略戦争の加害の歴史を無視することはできない。偽造などもってのほか。中国や韓国などアジア各国と友好の関係を作らなければ日本は生きてゆけない」と話す企業経営者の方などと、この間お話ししてきました。
 すぐには赤旗に登場できなくても、このような思いで日本社会と政治を見つめている方々が、近くにたくさんいるという自覚をもって、4年間最後の定例議会に望みたいと思います。
[PR]
by terukaneko | 2015-01-17 21:35 | Comments(0)
<< 高齢者のくらし応援する自治体へ 文京 新春演説会のご案内 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧