日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

待機児ゼロと公的保育の確保を~来春オープンの新福祉センター(小日向2)最寄の都バス停活用を提案

明日(10/20)で第三回定例議会が終了します。区議会の様子を振り返ってみたいと思います。

10日に開催された区議会本会議で、私は質問に立ちました。

保育の質向上へ、区の役割を表明

来年4月から政府が開始させる「子ども子育て支援新制度」について質問。保育水準の後退の可能性を含む新制度の実施に際して、文京の保育の水準を下げないよう求めました。区長は「必要な保育サービス量を確保し、質を向上させてゆく区の役割はこれまで以上に求められていくと認識」していると答弁すると同時に、来年四月に私立認可園を4ヵ所新設し、認証保育園2ヵ所を認可園に移行の予定としました。

政府による介護保険改悪の中でも

区独自対策と特養待機者解消を

 特養待機者が659人に上る中、政府は来年から介護保険改悪(要支援者の保険外し・特養入所介護度3以上に限定等)しようとしています。私はサービス低下を自治体独自の努力で防ぐことを求め、低所得者でも利用可能な施設確保で特養待機者解消を求めました。施設確保について、区長は来年度からの「介護保険計画」の中に盛り込むとの答弁でしたが、既に明らかになっている小日向1丁目の都有地活用による小規模特養新設の計画をはじめとして推進を改めて求めました。

新福祉センター交通の便改善を

 今の福祉センターは音羽通りに面しており、根津や千駄木・向丘地域から利用する場合、早稲田行きの都バスを降りると目の前ですが、新福祉センターは江戸川橋交差点を超えた所のバス停から歩かなくてはなりません。そこで、江戸川橋交差点の手前にある新宿行きのバスだけが止まる「江戸川橋」バス停に早稲田行きのバスの停車を提案。区長は「都交通局と協議する」と答弁。区の熱心な「協議」を求めました。



[PR]
by terukaneko | 2014-10-19 21:25 | Comments(0)
<< 7名の区議団確立へ、私も挑戦します 離職率33%!? >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧