日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

認可保育園を増やす道筋をどうつけるか

 「待機児問題」が深刻な状況です。昨年7月に区長は「来春、待機児童解消へ認可保育所6カ所新設」と発表し、実際に増設されたものの、4月入所を申込みしながら502人の子ども(0~3歳)が認可園に入れない事態となっています。

◆区の基金620億円の一部を使って、用地確保で認可園増設を 
 仕事を続けながら子育てしたいという子育て世代の願い実現のためには認可保育園をもっと増やすことが必要です。  
 都では党都議団の繰り返しの働きかけで、福祉施設整備のための公有地活用「検討チーム」が作られるなど具体的な動きが始まっています。 
 区議会で私たちは、民有地の確保と共に、国公有地の活用について、国や都からの情報提供待ちにせず、積極的な関係機関への働きかけも提案しました。

b0207693_14124742.jpg

[PR]
by terukaneko | 2014-04-17 14:13 | Comments(0)
<< 年間維持管理費 11億円 改修... がけ改修費の直接補助…対象は新築のみ >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧