日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

新向丘地域活動センターへ図書館の「取次拠点」設置案

 区立図書館の「図書館サービスの充実」に向けて設置された「区立図書館サービス向上検討委員会」の報告書(案)が公表されました。(区HPに全文掲載されています)
 報告書(案)によると「サービス向上の方策」として、平成27年度から移設される新しい向丘地域活動センター(六中併設)に図書館の予約資料の受け取りを行う「取次拠点の設置が望まれます」としています。

◆向丘地域に設置を検討する理由 
 報告書案を検討した2月の検討委員会で区側は「白山1丁目付近が(既存の図書館・図書室からの半径)1キロメートル圏内から外れて」いることを理由にあげています。
 加えて、図書館の「いわゆる空白地域」を埋めることができると説明しています。
 また「向丘・西片地域の方からも図書館の設置や取次場所の設置をしてほしいとの声が寄せられている」ことが新向丘地活への「取次拠点」の設置を検討する理由に挙げています。
◆「取次拠点」の役割・効果は?
 報告書案では「取次拠点」の設置効果として①既存図書館の利便性が向上、②近隣の新規の図書館利用者開拓が可能になる、③子どもや高齢者等の図書館利用者の拡大が見込まれる、の3点を挙げています。「取次拠点」の設置でこうしたサービス向上効果がどれだけ実現するのか、更に検討をすすめる説明する必要があると思います。
◆図書館は「地域の文化センター」
区は図書館について「知識・情報を提供する資料センターであると同時に、地域の文化センターの一つ」(昭和63年3月発行「区基本計画(修正)」)としていました。インターネット予約した資料を近所で受け取れる「利便性向上」はもちろんですが、背表紙や目次を眺めながら「知」の探求ができる文化・情報の発信地として「図書館を」というのが住民の本当の願いではないでしょうか。

★区は検討案への意見を募集中です。
送り先 真砂中央図書館管理係宛
郵送〒113-0033 文京区本郷4-8-15
ファックス 5689-4500
※区ホームページからメール送信可(締切り5月7日)
[PR]
by terukaneko | 2014-04-17 14:01 | Comments(0)
<< がけ改修費の直接補助…対象は新築のみ 文京区の基金=貯金は年度末には... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧