日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

まちかど宣伝で激励の声

 「消費税の増税を一方的に決めるのは納得いきません」「今度は衆院選、桑名ってどんな人」「私もずっと共産党を応援しています」「今の政治は本当にひどい。ビラください」
 これらは千駄木駅前や根津のまちかどでハンドマイク宣伝中に寄せられた声です。
 民主党の政権になって公約の投げ捨てが続けられ、さりとて自民党に戻るのもダメ…そんな思いの中で共産党への期待を街頭で感じます。「第三極」をマスコミが持ち上げようと必死の持ち上げが続いていますが、主張の中身が問題です。都議会では「維新」を名乗る都議が大日本国憲法復活請願を採択させようとし失敗しました。有権者に訴えるべき政策もないことを証明しています。
 都知事選候補に様々な名前が挙がっていますが自民・公明政権時代に閣僚経験のある舛添氏を民主が押し、自民からもオファーの声があがるなどの報道もでています。都議会では自民も民主も石原知事の予算に賛成してきた与党ですから当然のことともいえます。
 即時原発撤退、反貧困・消費税増税NO、憲法九条…これらの一致点で力を合わせ、都政・国政を転換するチャンスです。
[PR]
by terukaneko | 2012-11-11 12:33 | Comments(0)
<< 根津・千駄木で緊迫した国会情勢... 根津・千駄木・弥生地域でまちかど宣伝 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧