日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

小竹ひろ子さん 都政へ挑戦

 来年の夏に実施される東京都議会議員選挙で文京区選挙区から日本共産党公認で小竹ひろ子前都議が議席奪還へ挑戦することになりました。本日、記者会見を行い発表しました。
 小竹さんは2009年の都議選で次点で惜敗。
 「福祉は贅沢」と暴言を吐いた石原知事と論戦しつづけてきた実績を持っています。築地市場の移転計画に対して、移転予定地の豊洲が東京ガスの工場跡地のため、ベンゼンなどの猛毒物質が埋められ、食品を扱う市場予定地に適さないことを問題提起した調査・論戦にめっぽう強い政治家です。
 記者会見で都議選への決意をこうした都議会での論戦を振り返って述べる小竹さん。
 現在、文京区の2議席は民主・自民が占めています。いずれも石原都政の予算の賛成する「オール与党」の議席でした。文京の二つの議席のうち、一つは事実に基づく論戦で都民のくらし・福祉と環境の願いに寄り添い、追求する政治家が必要です。この4年間の痛切な思いを胸に、来年の都議選で議席を何としても獲得し、小竹さんに都議会で仕事をしていただきたいと思います。私も全力で頑張ります。そのためにもまず都知事選、原発ゼロを明言できる知事をみんなの力で誕生させたいものです。
b0207693_22102370.jpg

[PR]
by terukaneko | 2012-11-08 22:12 | Comments(0)
<< 根津・千駄木・弥生地域でまちかど宣伝 原発は廃炉にして21世紀の象徴に >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧