日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

比例定数削減

 「しんぶん赤旗」日刊紙が報じているように、民主党が提案している比例80・小選挙区5の削減で浮く歳費は47億6千万円にすぎない。したがって、「税金の節約を」と考えるならば政党助成金年間320億円を廃止するほうが6倍超える効果があることになります。
 しかし、財政再建のためのムダの削減と国会定数削減を同列に見ることは自体がおかしい。
 国会議員定数削減は国民の声を国会に届けるパイプを狭めるだけで、少数意見の切捨てになるからです。民主主義の問題なわけで、この点への真っ当な発言が各政党幹部から続いていることは至極当然のことだと思います。
 例えば公明党の東副代表が(比例80削減は)「民主主義に逆行するもので断固反対だ。どの世論調査をみても7割が抜本改革を求めている。この声に応えるべきだ」と衆院選挙制度協議会で指摘した発言はその典型。
 ムダと富裕層・大企業減税をを温存しながら消費税増税を推し進めようとする勢力から見れば国民の批判を恐れて定数削減に走るというのか本質だと思います。
[PR]
by terukaneko | 2012-01-27 11:12 | Comments(1)
Commented by 環境大学新聞 at 2012-01-28 14:34 x
昭和16年正月頃からラジオ放送を通て日本全土に朗々とした葛野守様の歌詠で、記紀などから一式、源氏・平氏.家物語、四書五経、勅撰和歌集、などが一挙生放送されたのを御存知ですか。
<< ツイッターを始めます 引きこもり >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧