日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

「資産価値」

 3月の震災を受け、都は防災計画の改定に向け「防災対応指針」を発表しました。都は「科学的知見を有する専門家や区市町村の意見等を踏まえて策定」したとのこと。  
 私は、今週の区議会でエレベーターの復旧対策や文京区にたくさんあるがけ地の安全対策は所有者任せでなく「予防を重視し、行政が踏み込んだ支援を」と区の見解をただしました。ところが区側は「がけ地の安全対策は、土地の資産価値を上げることにつながる…」と踏み込んだ支援は行わず、都にもそうした要望を行っていないこと明らかとなりました。
 文京区にはたくさんの坂があり高低差の激しい町でもあります。東京ガスの観測網によると震度5弱のところもあれば震度3とところもありました。竹橋では震度5強だったそうです。
 それにしても、命を守るという観点での質問に対し、「資産価値」を持ち出すとは…。「自助・共助」にこだわる姿勢は奇異でさえあります。
[PR]
by terukaneko | 2011-11-30 20:23 | Comments(0)
<< 就活シンポジウムのご案内 さよなら原発 東京北部ラリー&... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧