日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

さよなら原発 東京北部ラリー&パレードI N後楽園

文京区・礫川公園で27日、「放射能NO! さよなら原発 東京北部ラリー&パレードI N後楽園」が行われました。
6万人が参加した9月19日の「さよなら原発」集会での「1000万人アクション」に呼応し、エッセイストの海老名香葉子さん、元プロボクサーの小林秀一さんや弁護士などが呼びかけ人となり、「①原発の新規計画中止と既存原発の計画的廃炉、②高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉、自然エネルギー政策への転換」を一致点に企画され、500人が参加しました。
 リレートークでは、福島からの被災者が放射能汚染のために家族が引き裂かれ、夫を被災地に残したまま東京での避難生活をしていると告発、佐藤栄佐久元福島県知事は知事時代に経産省が安全神話を振りまいて原発を推進したことを紹介しながら「危険な原発から撤退を」と発言しました。
 集会後、参加者は「原発いらない」「放射能から子どもを守ろう」など自らの思いを書いたプラカードやうちわを持って上野の不忍池までパレードを行い注目を集めました。

「げげげげ、原発NO」「ほほほほ放射能いらない~」のパレードコールがこだまし、春日町交差点では通りかかった人たちから「すごい列だね~」と注目を集めていましたよ!
b0207693_1648428.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-11-27 16:48 | Comments(1)
Commented at 2011-11-28 15:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 「資産価値」 子どもの心身の発達と政治の役割 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧