日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

小林多喜二と徳永直

 この二人が「文京区内でキャッチボールをしていた」と聞きました。先月26日に開催された党スポーツ後援会主催の政策学習会で聞いた話です。
 日本共産党はスポーツは人権の立場で、政党としては唯一、スポーツ部門の専門政策スタッフを持ち一貫して政策提言を行っています。この学習会私も参加してきました。その中で二人のキャッチボールの話を聞いたのです。加えて、そこを通りかかった宮本(中條)百合子が、「あなたたち暗いわね」といったとか。事実だとしたらとても興味深い場面です。
 尚、この三人とも文京区にゆかりの文人です。小林多喜二は北海道から状況直後、白山上に滞在したことが判明しています。徳永直は共同印刷の争議を描いた「太陽のない町」が代表作ですし、百合子は駒込林町出身。
 ということで、三人の出会いについて知っている方がいましたら教えてください。
[PR]
by terukaneko | 2011-11-05 09:06 | Comments(0)
<< 徳永直 都内にも放射性ストロンチウムが... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧