日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

千駄木駅で

 定例宣伝をやってきました。復興財源についての党の政策と区議会報告をあわせて訴えました。
 昨晩はNHKで首相のインタビューを長々と50分近く放映していました。復興財源でもTPPでも視聴者の質問・疑問にこたえるという形式をとりながら、アナウンサーの「突っ込み」が殆ど無いために、首相に反論の時間を長々と与えるというインタビューでした。公共放送であるNHKが受信料をとりながら、国民的に議論しなければならない各設問について、一方的に政府・首相の見解を放映するという番組には疑問を持たざるをえません。たしか、意見の分かれる問題については両論、放送するのが放送法のルールになっているはずで、こうした点からも大いに問題のある番組だったと思います。首相の単独インタビューを放送局の番組で放送するというのは、民報でもやっていて、同じ問題があったはずですが、昨晩のはインタビューしているアナウンサーが首相のコメントを聞き終わると「そうですか」といって次のテーマへ移行するという場面が度々あり、これではいくらなんでもおかしいよと思ったしだいです。
 日本共産党の見解も電波ではなかなか放送されません。だから私たちは街頭から知らせる活動を重視しています。これからも続けてゆきたいと思います。
[PR]
by terukaneko | 2011-10-21 09:31 | Comments(0)
<< 9月迄に改修した壁は助成対象に... ブロック塀等の整備費用の助成制... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧