日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

放射能から子どもたちを守る文京ネットワーク

 「放射能から子どもたちを守る文京ネットワーク」のみなさんから署名活動の報告文書をいただきました。ありがとうございます。
 ネットワークで集めた「子どもたちを放射能から守るための嘆願署名」は7842筆に到達したそうです。この季節大変な取り組みだったと思います。大変お疲れ様です。

 この課題ついては、まさに現在進行形です。13日のいたくら議員の代表質問では質問の冒頭で
 (1) 放射線量測定と除染対策について
 (2) 子どもたちの被ばくを抑える対策を
 (3) 食品や水の暫定規制値を抜本的見直すよう国に求めること

 の項目について質問し区の見解を求めることになっています。代表質問にご注目ください。
 
 ネットワークのみなさんは報告文書で「未だ収束しない福島原発の問題、そしてこれから放射能汚染については長い長い年月をかけて自治体と区民が力をあわせて、対策を講じていかなくてはならないことだと思っております」と、この課題についての見解を表明されていますが、私も全く同感です。
 私たち日本共産党、は更に原発を撤退させ、自然エネルギーの活用促進を図る立場を表明していますが、多くの方々のとの共同をつくり、実現をめざしたいと思います。
 
[PR]
by terukaneko | 2011-09-09 16:22 | Comments(2)
Commented at 2011-09-10 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-09-12 08:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 日本は最下位! 区議会が開会 2つの条例案を提案 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧