日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

汐見小学校 ゆうすずみ会

 土曜日に開催された「ゆうすずみ会」にお邪魔しました。夏休みの最後の思い出にと町会や学校関係者、お隣の第八中学校の方々が模擬店やゲームコーナーを出店されています。子どもたちの歓声があちこちに上がっていました。この日は久々に涼しさを感じる日でした。「気温は24度ですね」と教えてくれたのは、2007年に文京区長選に立候補されたしかくらたいすけさん。久々にお会いしました。当時、学校や公園の統廃合を阻止しようと区民の世論が高まるなかで、区政の転換目指して、しかくらさんが立候補されました。日本共産党は支持する立場を明らかにし、当時、故小林進区議選対で活動していた私も小林選挙事務所などで何度かお会いしたことがありました。
 ところで、この土日、行く先々で話題になったのは民主党の「代表選」のこと。もういい加減にしてくれ…という声をあちこちで聞きました。日本経済も大変な時期に、大して違いもない候補者たちの言い分を長々と放映するテレビの報道も改善が必要です。どうして菅首相が退陣に至ったのか、それは国民の意思に反する政治を行ってきたからです。その反省なしの報道が多すぎます。そのストレスに先々でぶつかった2日間でした。
[PR]
by terukaneko | 2011-08-29 09:18 | Comments(0)
<< 代表選 防災訓練 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧