日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

原発輸出 承認を断念!

 昨日の夕方、千駄木駅前でこの間で3回目の原発撤退署名を呼びかけました。40分ほどで20筆の署名が寄せられました。8/22付の毎日新聞の世論調査結果でも8割を超える方々が撤退・縮小を求めていることがわかります。そうした事実提供型の訴えをやってみました。
 7時までの予定でしたが、6時半をすぎるとすっかり暗くなってしまったので宣伝は終了。参加した方々と反応を出し合いました。「気仙沼出身です」「実家が広島です」と、いくつかの反応がありました。街頭署名この時間で20筆は大変な反応だと思います。原発撤退への具体的な行動を政府はすすめるべきです。そしてこの世論を政治はしっかり受け止める必要があります。

 今朝の「しんぶん赤旗」日刊紙1面では、中東のヨルダンへの原発輸出を促進するための「原子力協定」を今国会で承認できないことになったことが報道されています。福島の原発事故が未だに収束できない中で、原発を海外に持ち出すことなど到底許されるはずがありません。26日の採決を民主・自民・公明の三党が主張し、昨日までは「原子力協定」は承認されると見られていました。「しんぶん赤旗」は反対論を展開するとともに、笠井あきら衆院議員(比例・東京ブロック選出)が衆院理事懇談会で採決反対しを主張していました。私も昨日の会議でこのことを紹介したばかりだったので、この展開は驚きです。政府・民主党がいかに道理のないことを行っているかの象徴ではないでしょうか。
 原発輸出を認めない論陣をはってきた「しんぶん赤旗」日刊紙。ぜひお読みください。
 8/24付 「しんぶん赤旗日刊紙」主張(他紙で言えば社説に相当するもの)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-24/2011082401_05_1.html

 昨日、「初めてしんぶん赤旗を読みたい」を申し込みがありました。うれしいことです!
[PR]
by terukaneko | 2011-08-26 09:10 | Comments(0)
<< 動画で見る炉心溶融 再び石巻で支援活動 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧