日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

再び石巻で支援活動

 5日、6日の二日間、再び石巻へ行き、救援活動を行ってきました。食品や衣類、カンパ等を提供してくださった皆様に感謝申し上げます。文京地区委員会として三度目の支援活動では、石巻市門脇の西光寺墓地での瓦礫や漂着物の撤去作業に取り組みました。墓石が散乱した上、カロート(屍櫃)がむき出しになった墓地には日本製紙の工場から津波でパルプの原材料が流れつき、ヘドロもたまっています。石巻市の中心市街地を襲った津波が住宅などを襲い、すべてを破壊しつくし、山際の墓地に繰り返し打ち付けたものと思われます。作業はそれらを土嚢袋につめ、手渡しリレーで重機が入れる道路沿いまでの搬出です。骨壷を納めるカロートからもヘドロやパルプを取り除き骨壷を納めなおす作業もありました。六月に支援活動に参加した時に行われていた自衛隊やダンプカーが頻繁に動いての瓦礫の撤去作業は、現在行われていません。重機の使用が難しい墓地の片付け作業を「何とかしたい」と寺側から党の支援センターに依頼があり、のべ千人がこの作業に参加したそうです。このように、通り一辺倒の支援では手の届かない課題が沢山あることを痛感しました。
b0207693_1704670.jpg
 
[PR]
by terukaneko | 2011-08-25 17:01 | Comments(0)
<< 原発輸出 承認を断念! 絶対高さ制限 この案でまちはど... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧