日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

原発ゼロで対話・質問がつづいた

 原発ゼロをもとめる請願署名を先ほどまで千駄木駅前で訴えていました。周辺地域の皆様はじめ、ご協力いただいたみなさまに御礼申し上げます。
 原発撤退を求める世論は高まっているものの、本当に可能なのか、実現向けた課題や時間はどの程度あるのかなど、少し考えれば当然の疑問や不安が出てきます。そういった声に応えるような訴えを行ったつもりですがいかがだったでしょうか。
 私はマイクで訴えていたのですが、署名版をもっている人のところで質問し、対話になる姿が頻繁に見られました。撤退を求める声が高まっていると同時に、実際どう実現してゆくのかまさに国民的な討議が必要だと実感しました。ちなみに集まった署名は1時間弱で32筆でした。
[PR]
by terukaneko | 2011-07-27 20:30 | Comments(0)
<< 自治体学校 区議団で放射線測定を実施しました >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧