日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

初めての質問を終えて

 20日、区議会本会議場で初の質問を行いました。銭湯「山の湯」利用者や地域住民の皆さんから寄せられている、銭湯の存続・再建を求める二千筆の署名や銭湯存続の要望について区の見解を質したところ、区長は「大変残念な状況」と応えるにとどまり、区が発行するシニア入浴券を隣接する台東区の銭湯で使用できるようにとの提案についても冷たく退けました。
国保料の値上げ分を区の助成で区民負担を軽減させる提案や就職相談窓口、向丘・白山地域に図書館の設置を求める質問についても短い答弁で退け、区民の切実な願いに背を向ける姿勢を続けました。
 耐震改修促進事業や放射線測定について、わずかに前向きな答弁があったものの、どれも切実な願いに対して不十分です。引き続き地域の皆さんと知恵と力を合わせ願い実現のために活動を進めてまいります。

 傍聴にお出でいただいた皆様に心から御礼申し上げます。

 尚、本会議の模様はCATV文京チャンネルで放映されます。放送時間は次の通りです。

 6/26(日) 午後6時~6時45分
 6/27(月) 午後12時~12時45分
 6/28(火) 午後9時~9時45分

b0207693_9284669.jpg


 21日は災害対策特別委員会、22日は少子高齢社会調査特別員会に出席し活発な議論がされています。27日は厚生委員会があります。引き続き頑張ります。
[PR]
by terukaneko | 2011-06-24 09:09 | Comments(0)
<< 放射線のことをめぐって思いを交... 銭湯の存続を求める要望書 20... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧