日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

区独自での放射線測定せまる

 こうだ久美子幹事長は14日、代表質問の冒頭で原発を推進してきた自民・公明歴代政権と現政権を批判し、同時に原発事故での賠償責任は東電と国が負うべきと強調。区民の不安が広がる放射線測定を区独自に行うべきと区の姿勢を質しました。
 党都議団の調査が契機となって東京都は測定機器の貸し出しや都内100箇所での測定を行うことになりましたが、区長は測定値について「他と比較できる基準を都がつくる」までは独自の測定はしない立場を繰り返し表明しました。
 放射能による健康被害はたとえ低線量であっても長期に渡って続き、発がんなどの晩発性障害が起こる危険につながります。とくに子どもたちへの健康被害が心配されます。だからこそ、測定は欠かせないのです。

傍聴席は選挙後最初の本会議ということもあり、沢山の傍聴者の方々が見えていました。このブログを見て「傍聴に行きます」と直前に電話を頂いた方もいらっしゃいました。みなさんありがとうございました。改めて私も20日の本会議でこの問題についても質問します。ぜひ傍聴にお越しください。
[PR]
by terukaneko | 2011-06-16 09:53 | Comments(0)
<< 初めて質問に立ちます 「どうして文京区は放射線量の観... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧