日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

放射線は測定できるもの

 東京23区では放射線測定を実施・検討している区が更に増え14区となりました。昨日は私たち日本共産党文京区議団6名全員で、この間私たちのところに寄せられている新たな声も紹介しながら、区側に改めて測定をと申し入れたのですが、測定する方向への回答はありませんでした。
 人間の生存にとって危険なものはあります。交通事故や災害は予防や予測が大事ですが、放射線の場合、測定できるという点が大事だと思います。目に見えないといっても物理現象として認識できるのですから、測定することを通じて検証し、必要ならば危険回避の方策を考えるのが当然の対処法でしょう。
 この問題については再三再四申し入れているにもかかわらず区は独自の測定を拒否しています。区民の皆さんの不安に寄り添う姿勢すら見えない区のこうした態度もとわれなければならないと思います。
[PR]
by terukaneko | 2011-06-07 09:46 | Comments(0)
<< 「転換点」 石巻・女川救援活動をつうじて >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧