日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

図書館のこと

 「向丘地域に図書館を」というのは地域の長年の願いとなっています。現在、建替工事が始まっている区立六中の図書室を地域に開放できるように整備するというのも、実現の一つの方法だと私たちは考えています。既に昨年の区議会でもこうした提案を代表質問で党区議団は行っています。
 先日、ある図書館関係者からこんな声を聞きました。
 「最近は小さな本屋さんが減って、子どもたちが本と接する機会が減っています。区内にいくつかある小規模な図書室は、子どもたちが気軽に本に接するスペースとしてとても大切な空間です」
 本来、図書館は書籍の貸し出しだけでなく、地域の文化の発信・集積・活用などの役割を持っていると思いますが、そうした本格的な図書館整備とともに、本と接する場としての機能を指摘する重要な声だと思いました。
[PR]
by terukaneko | 2011-05-08 11:40 | Comments(0)
<< はたの昭彦さん 選挙戦を終えて >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧