日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

がんばろう 山の湯

 東北関東大地震のため煙突が損傷し、営業停止を余儀なくされた根津の銭湯「山の湯」の存続を求める署名1059筆を区へ提出したことを報告する中で、区内の銭湯関係者も存続を求める声が寄せられています。

■根津に銭湯は必要だと思っています。経営は大変厳しいけど、銭湯関係者の思いは署名してくださった方々と同じです。

■燃料を都市ガスに転換するために釜を取り替える費用は300万円程掛かりますが、250万円は区や都からの助成があります。こうした支援を活用して何としても存続させて欲しい。

 区へ提出した署名は積み上げるとこんなに厚みがありました。
b0207693_941145.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-04-13 09:41 | Comments(0)
<< 「こんにちは金子てるよし」30号 白山駅で >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧