日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

山の湯存続を! 1059筆の署名を区へ提出

 根津の銭湯「山の湯」が今回の地震で煙突が損傷し「当分の間休業します」との掲示がされたままになっています。この間、地域の皆さんと一緒に、「山の湯の存続を求める要望書」の署名をお願いしてきました。今日のお昼までに1059筆の署名が寄せられ、本日、文京区へ提出してきました。
 区には公衆浴場支援のために、設備投資等の資金援助の制度があります。こうした制度を活用すれば銭湯の再建は可能になる条件があります。そもそもこうした支援制度は「区民が公衆浴場を利用する機会の確保を図り」「公衆衛生上、区民に必要不可欠な施設である公衆浴場の経営の安定と確保を図ること」が目的とされています。
 署名提出に参加した方からは「バスで往復30分もかけて大塚の銭湯に通っている人もいる。これじゃ体が冷えちまって『公衆衛生上』よくないんじゃないか」という意見や、「団子坂上の銭湯には高齢者が通えない。山の湯だったら介助してもらって銭湯に通えた高齢者もあきらめざるを得ない状況」と実態が次々と出されました。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-06 18:09 | Comments(0)
<< 山の湯存続を! 1059筆の署... 都が被災者に提供している住宅は... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧