日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

政治談議

 千駄木駅で都知事選の法定チラシを配布したのち、今日の活動を開始!
 先日「原子力発電所はこれ以上つくらないためには、どうしたらいいか」と質問が寄せられたお宅へ伺いました。昨日、志位委員長が菅首相に申し入れした内容が今日の「しんぶん赤旗」日刊紙に掲載されており、それを届けるためです。被災者救援・復興活動と政府のエネルギー政策について、現時点での党の提案をまとめたもので、原発事故がまだまだ予断を許さない状況のもとで、不安や疑問に応える内容になっています。
 エネルギー源を再生可能な太陽光や風力に転換してゆくこととともに、24時間型のライフスタイルからの転換がどうしても必要になると思います。その点でも大いに共感していただきました。届けた先で、しばし議論になりました。計画停電のこと、大口の電力消費者のこと…などなど。こうした点についても日本共産党が対案を持っていることを知っていただけて本当にうれしかったです。次回伺う時はさらに学んで行きたいと思います。

 お昼を食べに入ったお店でも政治談議になり、相談もいくつか寄せられました。やはり都知事選告示中ということもあって政治的関心は高まり、みんな情報を欲しがっているのだと思います。政党に身を置くものとして、政策を大いに発信してゆくときだと思います。今後、四年間の都政の方向性を決める大事な選択が迫っているのですから。
[PR]
by terukaneko | 2011-04-01 21:02 | Comments(0)
<< 「総合危険度5」 わかっている... 須藤公園で桜が開花 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧