日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

マンションで何が起きたか

 何人かのマンションの管理人さんにお話を伺いました。「地震の日は夜中の12時になってようやくエレベーターが再開した。それまで理事長さんをはじめ復旧のために大変な思いをした」「地震後、数時間でエレベーターが復旧した」などです。屋上の水槽が破損しいくつかの部屋が大きな被害を受けたマンションにお住まいの方からは、復旧のための費用への援助が欲しいと切実な声が寄せられています。また高層階ではゆれ方が異なるため家具の転倒や食器の散乱などが激しいのが特徴のようです。
 区内でも高層マンションに住まわれている方が増えています。こうした実態をつかみ、適切な支援策が無いならば、他の自治体にも学んで支援策を作る必要があるのではないでしょうか。
 港区では被災状況を区がつかんで、一人暮らしの高齢者のご家庭へ、転倒した家具の片付けなどへの支援要員を派遣しているそうです。HPを見ると3/18からこうした緊急策を講じているようです。
 私も地域を歩いて被害状況をの把握に努めていますが、地震被害の実態をぜひお教えください。ご要望・ご相談がありましたらぜひ事務所までご連絡ください。 
 ◎連絡先 電話5814-2666 根津1-22-13
[PR]
by terukaneko | 2011-03-29 10:17 | Comments(0)
<< 日経新聞と「しんぶん赤旗」 救援ボランティア >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧