日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

救援ボランティア

 私の後輩が宮城県に駆けつけ数日間の救援ボランティア活動に参加してきました。先ほど現地の様子など詳しく聞きました。七ヶ浜という地域で幸い津波被害を免れた地域のお宅を一軒づつ訪問したそうです。食料や救援物資が届かず「困っている」という情報を聞き取り必要とされているものが届くよう手配をしたそうです。
 仙台の知人にも連絡を取ってみました。親類の方が三陸地域の福祉施設にいて津波被害は免れたものの高齢のため残念ながらなくなられたとのことでした。ガソリンが不足していて「現地にいけない」との悲痛な声も…でも「がんばる」と最後には元気な声も聞こえてほっとしました。福島の知人も水とガソリンが不足して困っているとのこと。
 引き続き一刻も早い救援活動が必要です。私も救援募金などに引き続き取り組みたいと思います。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-28 17:58 | Comments(0)
<< マンションで何が起きたか 脱原発の社会へ…エネルギー政策... >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧