日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

脱原発の社会へ…エネルギー政策の転換を

 石原知事が「これからも日本は、原発を推進すべきだ」と主張したと報道されています。日本経団連の米倉会長も、原発が津波に耐えているとの発言をしたそうで、こんなときに多くの国民の不安を何と思っているのかと思います。
 今日の「しんぶん赤旗」では全国の原発とその老朽度、新設・増設の計画などを1面を使って報道しています。原発の事故と今後の電力供給のあり方を考える上で関心を持っている方々にぜひお読みいただきたいと思わせる特集記事なのです。
 この間、震災問題でご要望などを聞きに訪問しますと、家屋の損壊などとともに原発事故のことが必ず話題になります。「全国で14ヵ所も新増設の計画があるんです」を伝えると皆さんびっくりします。同時に原発に依存しないエネルギー政策について必ず話題が発展してゆきます。原発事故の報道の点でも総力を挙げている「しんぶん赤旗」をぜひお読みください。根津の事務所でも毎日販売しております。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-28 17:34 | Comments(0)
<< 救援ボランティア 大震災の爪あと  >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧