日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

祖父母の子育て応援を区は保育園入所の障害とみているのか

 保育士の方から「保育園を増やして」と訴えられました。「区立保育園を増やせないのか」「お金があるなら何に使っているのか」「保育士も増やして子どもたちに正面から向き合える保育現場を作って欲しい」と。共働きで生活している家族が増えています。そのためにも安心して子どもたちが過ごせる保育園が大変重要です。
 私も2年度にわたって保育園の申し込みをしました。申し込みの書式が一部変更されていて、祖父母が近所にいないことを示す欄が増えていました。おばあさん・おじいさんに子育て援助をしてもらっている家族は多いと思います。近所に祖父母がいないほうが保育園に入所するための「点数」がアップするのでしょうが、そんなことまで点数化するのは、保育園が足りないからなのです。この問題は、保育園を増やせば解決できるのです。
 私は保育園増設の願い実現のために頑張ります。
[PR]
by terukaneko | 2011-03-11 12:15 | Comments(0)
<< 都市災害リスク指数710 卒業式 期末試験 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧