日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

「心が折れてしまう」

 雨のなかではありますが、小竹ひろ子前都議と一緒に地域を訪問しました。都知事選挙に小池あきらさんが立候補しますとお伝えし、ご要望なども聞く中で「保育園に入れないで困っている。ご主人の収入も景気悪化の中で頭打ち状態で、生活のためにも働かなくてはならない。認可外の保育施設に預けると毎月8万円かかって、もう心が折れそう」という切実な実態が寄せれらました。この方は幸い4月に公立保育園に入所が決まったとのことでしたが、心が折れてしまうくらい頑張っている方々をしっかりささえ、展望を示すことは政治の役割です。小池さんは国会議員時代に国公有地を活用して保育園や特養ホームの増設を提案した政治家です。都内ではこうした提案が実り始め、保育園が設置されたところもあります。文京区議団もこの4年間、認可保育園の増設を主張し続けて3か所の認可園を設置させました。それでも4月にむけ400人を超える子どもたちが認可保育園に入れないという状態が続いています。小池都知事を実現し、文京区では593億円の区の基金の一部を使って認可保育園・区立保育園の増設を何としてもさせましょう。そのために私は頑張ります。
[PR]
by terukaneko | 2011-02-28 12:23 | Comments(0)
<< 看板ができました 小池あきらさん 文京へ >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧