日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

向丘と白山で

 職場後援会のIさんと街頭宣伝をおこないました。今日は冒頭に、毎日報道が続いているニュージーランドでの震災被害にお見舞いを申し上げるとともに「震災被害を最小限に食い止めることは政治の責任」と訴えました。私は2004年に発生した中越地震の際、新潟の川口町などで救援ボランティアの活動をした経験があります。この時、人員削減のため震度七を記録した川口町の地震計から観測データが入らず被害の実態の把握が遅れ、救援活動に支障をきたしました。地震を人災にしないために「政治」の役割が問われているわけです。公共施設の耐震化を一層推進するとともに、住宅の耐震診断・耐震工事、木造住宅の不燃化工事などを推進することが重要です。宣伝中、何人かの方から激励していただき、握手をして支援をお願いしました。
[PR]
by terukaneko | 2011-02-25 14:40 | Comments(0)
<< 千駄木で 有明コロシアムで >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧